2005年01月30日

趙紫陽氏が死去

news154

1989年の中国・天安門事件で民主化を訴える学生たち
の味方に就き、失脚した趙紫陽元中国共産党総書記(写真)
が17日に北京の病院で亡くなった。85歳だった。葬儀は
29日に北京で行われた。

失脚後は自宅に軟禁状態だった。しかも、趙氏死去の報道は
テレビ・ラジオでは一切報じないという暴挙。挙句の果てに
中国政府は「天安門事件の学生たちへの弾圧は正しかった。」
という始末。裏切り者は徹底的に叩くようだ。

中国は北朝鮮と同様に腐っている。舐めてるのか。

私は一日も早い中国の民主化を願っている。民主化の達成で
趙氏が安心してあの世に行けるのだから・・・。

趙氏のご冥福をお祈りします。

趙紫陽元総書記 死去 天安門事件で失脚後、自宅軟禁状態

趙紫陽元総書記が死去 中国、テレビ報道を制限

中国が天安門事件に対する評価を正当化、趙氏死去で

米国、趙元総書記を「道徳的な勇気の持ち主」とたたえる

<趙紫陽氏死去>香港で大規模追悼集会 1万5000人参加

趙紫陽氏葬儀に数千人 「貢献と過ち」と新華社

現指導者には理想も信念もない…故趙氏、昨夏語る


posted by FUKUHIRO at 22:44| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。