2005年04月05日

ローマ教皇(法王)死去

news160

全世界10億7000万人以上のカトリック教会信者
の頂点に立つローマ教皇(法王)ヨハネ・パウロ2世
(写真)が2日午後9時37分(日本時間3日午前
4時37分)、敗血症によるショック症状と心臓・
循環器系不全のため、バチカン市国の教皇宮殿内の
自室で亡くなった。84歳だった。後任の教皇は、
「コンクラーベ」と呼ばれる教皇選出会議で選出
される見通し。

ヨハネ・パウロ2世はポーランド生まれで本名は
カロル・ボイチワ。母国ポーランドの民主化を支え、
東西冷戦の崩壊に影響を与えた。

また、ユダヤ教とイスラム教の礼拝所を訪れたり
アメリカの対イラク戦争を反対したりして世界平和を
率先して説いていた。

1981年には日本を訪問。広島と長崎を訪れ、
原爆投下への悲しみを訴えていた。

後日、就任する教皇にはヨハネ・パウロ2世の路線を
継承し、更なる世界平和の発展を願いたい。

ヨハネ・パウロ2世の冥福をお祈りします。

「ローマ法王」と「ローマ教皇」、どちらが正しい?

ちなみにマスコミ報道では「ローマ法王」となって
いるが間違っているようだ。「ローマ教皇」が正解
だそうだ。なお、当ブログは「ローマ教皇(法王)」
と表記します。

おくやみ/ヨハネ・パウロ2世=ローマ法王

追悼ミサに13万人

ローマ法王庁が遺体を公開、葬儀は8日の可能性

法王訪問の広島・長崎でも哀悼

「本当に悲しい日…人類の大きな損失」 法王死去を悼む世界

ローマ法王死去:悲しみに暮れる男 81年の発砲事件犯

フェラーリ、ヨハネ・パウロ2世の死に弔意を表す 「大きな悲しみを感じている」とシューマッハ

ローマ法王死去--布教活動へのIT導入にも足跡を残す

広島で歴史的アピール…法王に惜別のミサ、祈る信者
posted by FUKUHIRO at 17:26| 千葉 | Comment(11) | TrackBack(40) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。