2005年05月29日

何とか勝ったけど・・・

(フルキャストスタジアム宮城)  
阪 神300 200 220=9
楽 天000 110 031=6

<投手>
(神)ブラウン―江草―能見―藤川―久保田
(楽)岩隈―徳元―有銘―小山―一場
   
○ブラウン3勝
●岩隈3勝6敗

<本塁打>
(神)金本13号ソロ=8回表
(楽)鷹野3号ソロ=4回裏
   鷹野4号2ラン=8回裏
   山崎4号ソロ=8回裏

どうして、下柳じゃなくてブラウンだったんだろうか?
どうして、能見を押さえに回したのか?訳がわからない。
ダンカン(たけし軍団)も苦言を呈しているぞ。

楽天−阪神5回戦

山田氏「赤星の成長のひと振り2点二塁打」

金本、800試合連続フルイニング出場

能見、中継ぎ失敗…落ちる評価

今岡&桧山、東洋大コンビで3点

ブラウン、5回2失点無傷3連勝

久保田「悪くはないと…」2試合連続失点

鳥谷、同級生岩隈から5打数3安打


posted by FUKUHIRO at 21:46| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(14) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさか、楽天に負けるなんて・・・

【28日の試合】(フルキャストスタジアム宮城)
阪 神000 000 100=1
楽 天110 000 00X=2

<投手>
(神)安藤
(楽)金田−玉木−吉田−福盛

○金田3勝3敗
S福盛1敗3S
●安藤2勝4敗

3連戦の初戦は負けるのは癖なのかな?楽天に
負けたのは想定外ですわ。

楽天−阪神4回戦

虎3連戦初戦に弱い、軟投左腕に弱い

山田氏「デーゲーム対策は万全だったのか」

今岡、リーグ一番乗り50打点

浜ちゃん、満塁のチャンスで空回り

赤星、楽天金田に脱帽4タコ

久保コーチ、安藤の粘りを評価
posted by FUKUHIRO at 21:42| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(5) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービーを振り返る

◎ディープインパクトが文句無しの2冠を達成した。

スタートがうまくいかなかった為、一瞬ヒヤリとさせたが
それ以外は完璧な内容だった。1973年のハイセイコー
の単勝支持率(66.6%)を超える重圧にも耐え、
(ディープインパクトの単勝支持率=73.4%)昨年の
キングカメハメハと同タイムの2分23秒3で完勝した。

夏を無事に乗り越え、菊花賞を勝利し3冠を達成すること
ができるだろうか要注目である。

○ダンツキッチョウ(13着)、▲ニシノドコマデモ(6着)
の出る幕は全くなかった。

なお、予想は的中しました。

第72回東京優駿・日本ダービー全着順

【ダービー】無敗3冠を確信!インパクト5馬身差圧勝

【ダービー】“衝撃”の2冠にユタカ「感動しました」

【ダービー】6度目の挑戦で…池江郎師嬉しい“3冠”

【ダービー】金子オーナー、史上初の“連覇”に感無量

【ダービー】インティライミ勝ちにいって2着

【ダービー】皐月賞2着の意地!シックスセンス3着
posted by FUKUHIRO at 19:57| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(50) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー予想

◎〔5〕ディープインパクト
○〔13〕ダンツキッチョウ
▲〔2〕ニシノドコマデモ
△〔3〕ローゼンクロイツ
△〔6〕アドマイヤフジ
△〔7〕インティライミ
△〔14〕アドマイヤジャパン
△〔15〕シックスセンス

【馬連】5−13 2−5 3−5 5−6
5−7 5−14 5−15

オークスのシーザリオ同様にディープインパクト
鉄板。相手本線は日本ダービーと同距離の青葉賞
1・2着のダンツキッチョウ、ニシノドコマデモ。
福永祐一のアドマイヤフジも押さえる。

昨日(5/28)発行の東京スポーツに阪神・
岡田監督の日本ダービー予想が載っていたので、
転載。岡田監督は馬単で予想している。

以前はよく馬券を買うたけど、今年に入ってからは
遠ざかっているからなあ。よく分からんけど、ディ
ープインパクトでガチガチやろ。大本命やからな。
だから買うとすればインパクト中心のヒモ穴狙いで
5−1、5−6、5−8。それと現役時代から自分
の背番号を買っているから5−16。


第72回東京優駿・日本ダービー枠順

インパクトの単勝支持率いかに

有名人ダービー予想

キャプテンハッスル・小川直也のダービー予想

さくらパパ、相手はジャパン
posted by FUKUHIRO at 05:58| 千葉 ☁| Comment(11) | TrackBack(64) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オークスを振り返る

◎シーザリオが完勝。最終コーナーまでは後方で最終
コーナー〜直線にかけての猛スパート。恐れいった。
勝った福永祐一は昨年のダイワエルシエーロに続く
オークス2連覇。そして今年のG14勝目。絶好調。
日本ダービーはアドマイヤフジに騎乗する。

○レースパイロット(9着)は距離適性、▲ディアデ
ラノビア(3着)レース前の体力消耗が敗因であろう。

【オークス】絶望的位置から豪快差し!シーザリオ樫女王

【オークス】「勝った馬が強すぎる」メサイア2着

【オークス】武幸「悔いなし」エイシンテンダー4着

優駿牝馬・オークス全成績
posted by FUKUHIRO at 05:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。