2005年09月24日

藤本の一発でマジック4

(広島)
阪 神000 024 000=6
広 島000 100 020=3

<投手>
(神)能見―藤川―久保田
(広)大竹―佐竹―長谷川

○能見4勝1敗
S久保田5勝4敗25S
●大竹10勝11敗

<本塁打>
(神)矢野19号ソロ=5回表
   藤本1号ソロ=5回表
(広)新井43号ソロ=4回裏

藤本の今年初のホームランで勝利を決めた。
今年初とは意外だ。

中日がまたもや勝った為、マジックは4。
1つずつしか減らないのはもどかしい。

広島−阪神21回戦

中日−巨人21回戦

藤本今季1号の決勝弾!虎マジック「4」

矢野、田淵以来27年ぶり捕手20号王手

赤星181安打!13試合連続ヒット

能見4勝!岡田監督「シリーズ100%戦力」

球児、シーズン最多登板へあと「2」

久保田、球団記録27Sへ「2」

岡田監督、猛コールに帽子突き上げた


posted by FUKUHIRO at 23:20| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K−1ワールドグランプリ開幕戦結果

23日に大阪ドームでK−1ワールドグランプリが
開幕した。

ボブ・サップはチェ・ホンマンにまさかの判定負け。
僅差のジャッジだったので、残念。サップのリベンジ
に期待したい。

また、レイ・セフォーがガオグライ・ゲーンノラシン
に、ルスラン・カラエフがリカルド・ノードストランド
に、セーム・シュルトがグラウベ・フェイトーザに、
ジェロム・レ・バンナがゲーリー・グッドリッジに、
ピーター・アーツがマイティ・モーに、武蔵がフランソワ・
ボタにそれぞれ勝ち、11月に東京ドームで行われる
決勝トーナメントに進んだ。

なお、この日はトーナメント7試合と特別試合3試合
が行われたが、そのうち判定決着が8試合。最近の
K−1は判定決着が多すぎる。もう少しKO決着が
見たい!

K−1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦
posted by FUKUHIRO at 22:45| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。