2004年11月27日

プロ野球ドラフト会議を振り返る(阪神以外)

sports29

sports30

3球団からの裏金受領があった一場靖弘投手〔明治大学〕
は楽天、高校時代にもドラフト候補に挙がった野間口貴彦
投手〔シダックス〕は巨人、一場と同様に東京6大学で
注目された那須野巧投手〔日本大学〕は横浜に指名された。

高校生ではダルビッシュ有投手〔東北〕(写真1枚目)は日本
ハム、松坂大輔の後輩・涌井秀章投手〔横浜〕は松坂と同じ
西武に指名された。

また、難聴のハンディがある石井裕也投手〔三菱重工横浜硬式
野球クラブ〕(写真2枚目)が中日に指名された。石井は高校
・社会人に実績があり、中日と対戦する球団はてこずりそうだ。

ホッと一場、球友と一緒

野間口、背番号18継承宣言 巨人自由獲得枠

横浜・那須野“牛島フォーク”継承へ

ダルビッシュ、ハム1巡目指名に「光栄」

涌井背番「18」継承誓う

サイレントK石井 難聴乗り越え

全球団の指名選手一覧


posted by FUKUHIRO at 12:27| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。