2005年03月27日

海賊、日本人2人らを拉致→解放

マレーシアのマラッカ海峡で14日、福岡県北九州市の
近藤海事所有のタグボート「韋駄天」が海賊に襲撃され、
井上信男船長と黒田俊司機関長とフィリピン人3等機関士の
3人が拉致された。水面下での交渉の結果、3人は21日に
タイ南部で無事に解放された。井上船長と黒田機関長は
23日に帰国した。

解放後の記者会見で井上船長と黒田機関長は、ジャングルの
中を歩き続けていたことを明らかにした。

マラッカ海峡では海賊の襲撃がよくあり、1999年にも
日本の船が襲撃されたという。

海賊といえば、映画や物語ではお馴染みだがいまだに実在
するのが恐ろしい。

拉致された3人が無事で解放されてよかった。

海賊襲撃、2邦人誘拐 マラッカ海峡で日本船

「けが人なし」と韋駄天乗組員 海賊砲撃、船体に穴

<海賊>重武装で凶悪 難しい商船の被害防止策

海賊 同一組織の犯行と分析 マレーシア海上警察司令官

乗っ取り漁船で襲撃 マラッカ海賊事件

マラッカ海峡沿岸諸国、海賊事件頻発で巡回を強化

「漁船も脅されていた」 無事の乗組員が証言

初めから日本船襲撃を計画 マラッカ海賊事件

独立派が海賊ビジネス 身代金は銀行口座に

海賊 「韋駄天」船内公開 居室の数メートル先を弾丸貫通

「海賊はアチェから来た」 マレーシア人船長証言

<海賊>日本人船長ら3人を解放 近藤社長に電話、無事確認

「万歳、涙出た」=「見つかったー!」と吉報−近藤海事、未明の会見

海賊事件、奪われた携帯で交渉か ジャングルに監禁?

マラッカ拉致・解放された井上船長ら

<海賊>社長が3人と再会、無事確認 船長は「元気です」

「恐怖感じなかった」 マラッカ海賊事件

<海賊>「拉致ビジネス」定着 「航行の手数料」の声も

<海賊>船長が事件メモ公開 拘束7日間や犯人G像が判明

水面下で身代金交渉、1千万円の相場を減額か 海賊事件

海賊、「韋駄天」船長ら解放時に200ドルずつ渡す

解放交渉、身代金は常識=マラッカ拉致事件でタイ警察幹部

「海賊は発砲しながら来た」=韋駄天乗組員5人が会見−シンガポール

「韋駄天」の井上船長と黒田機関長が帰国

「女房見て感無量」 マラッカ海賊 船長ら家族と再会

帰国の機関長ら市長に無事報告 マラッカ海賊事件 北九州市

「身代金要求あった」…海賊事件で比人機関士

<海賊対策>小型船舶を登録制に 国際海事機関が検討
posted by FUKUHIRO at 22:30| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「韋駄天」襲撃事件 乗員3人が無事解放される
Excerpt:  マラッカ海峡で14日、日本のタグボート「韋駄天」が襲われ、乗員3人が拉致された事件で、連れ去られた井上信男船長ら3人全員の解放が20日確認された。  井上船長ら3人はタイ南部の海上をボートで漂..
Weblog: 備忘録
Tracked: 2005-03-28 02:48

やはり、身代金要求。合意額は10万ドルあたり・・・
Excerpt: <海賊>「拉致ビジネス」定着 「航行の手数料」の声も。 日本のタグボート「韋駄天(いだてん)」が海賊に襲撃された事件は、拉致された井上信男船長ら3人が1週間目に解放された。船主の「近藤海事」側は身代..
Weblog: ハサウェイの徒然なるままに・・・
Tracked: 2005-03-28 13:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。