2005年04月17日

桜花賞を振り返る

予想は▲−◎で的中しました。
でも、PAT口座に入金していなかった為、
買えませんでした。馬連12倍・馬単25倍。
両方GETできていたと思うと悔しいです。

さて、レース回顧をしましょう。

福永祐一騎乗のラインクラフトが快勝した。
騎手時代に桜花賞を4回制覇した河内洋調教師
の「位置取りは気にせず、馬任せにした方が
よい。」というアドバイス通りに騎乗。これが
実を結び、2度目の桜花賞制覇となった。

2着のシーザリオは途中で後方に下がって
しまった。最終的にはラインクラフトに
詰め寄ったが、惜しかった。オークス馬最有力
候補だと思う。

桜花賞結果

【桜花賞】ユーイチ会心の騎乗!ラインが桜の女王戴冠

【桜花賞】吉田稔“無念”…シーザリオ猛追及ばず2着

【桜花賞】大健闘!10番人気デアリングハート3着

【桜花賞】スタート合わず…エアメサイア4着が精一杯
posted by FUKUHIRO at 01:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3000916

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。