2005年06月03日

K−1ワールドMAX開幕戦結果

先月4日に開幕したK−1ワールドMAX世界一決定
トーナメント。会場は有明コロシアム。

トーナメント1回戦では魔裟斗がイム・チビン(韓国)
に判定勝ち、小比類巻貴之がダリウス・スクリアウディス
(リトアニア)に2RKO勝ちしたが、安廣一哉は
ジャダンバ・ナラントンガラグ(モンゴル)に判定で
敗れた。また、ジョン・ウェイン・パー(オーストラリア)
がシェイン・チャップマン(ニュージーランド)に、
アンディ・サワー(オランダ)がマルフィオ“ザ・
ウォーリヤー・タイガー”カノレッティ(ブラジル)に、
アルバート・クラウス(オランダ)がヴァージル・カラコダ
(南アフリカ)に、ブアカーオ・ポー・プラムック(タイ)が
ワシリー・シシ(ベラルーシ)にそれぞれ勝利した。

また、特別試合で行われた山本“KID”徳郁とマイク・
ザンビディス(ギリシャ)の試合はKIDがまさかの3RKO
負けを喫した。

なお、決勝トーナメントは来月20日に横浜アリーナで行われる。

K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント開幕戦〜結果

K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント決勝戦〜詳細

K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント決勝戦〜対戦カード


posted by FUKUHIRO at 11:41| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。