2004年08月18日

アテネオリンピックまとめ・その4

news82

news83

news84

体操男子チーム(写真上)が快挙達成!!
体操男子団体で1976年のモントリオール以来
28年ぶりの金メダルを獲得した。
ライバルのアメリカ・中国・ルーマニアがミスを
連発する中、日本はミスの少なさで高得点を連発。
これが金獲得につながった。
メンバーは鹿島丈博、水鳥寿思、中野大輔、
冨田洋之、塚原直也、米田功の6人。
なお、塚原は父・光男さんとの親子金メダル獲得
となった。

競泳の男子100m背泳ぎ決勝で森田智己(写真中)
が54秒36の日本新記録で3位に入り、銅メダルを
獲得した。

柔道女子63キロ級の谷本歩実(写真下)が
合わせ技による一本勝ちで金メダルを獲得した。
これで通算メダル獲得数は金6・銀1・銅1となった。

野球はオランダと対戦。藤本(阪神)の活躍により、
8−3で勝利、2連勝。

ソフトボールはカナダと対戦したが、延長の末に
0−1で敗れ、1勝3敗。もう後がない。

テニス女子シングルスの杉山愛は3回戦進出を
果たしたが、森上亜希子は敗退した。

競泳女子100メートル背泳ぎの決勝で中村礼子は
惜しくも4位となり、メダルを逃した。

柔道男子81キロ級の塘内(ともうち)将彦は1回戦で
一本負けで敗者復活戦に回ったが敗者復活1回戦で敗れ、
メダルを逃した。

卓球の女子シングルスの福原愛はジュン(アメリカ)に
4−0のストレート勝利。4回戦進出を決めた。体操ニッポンが金、男子団体総合で28年ぶり

森田が日本新で銅メダル獲得 男子100m背泳ぎ

谷本が一本勝ちで金メダル 柔道女子63キロ級

長嶋ジャパンがオランダに苦戦も連勝!

女子ソフト日本、延長の末にカナダに敗れる

杉山が3回戦進出 テニス女子シングルス

中村4位で惜しくもメダル逃す 女子100m背泳ぎ

塘内は初戦敗退、復活も敗れる 柔道男子81キロ級

福原愛が4回戦へ進出 卓球女子シングルス


posted by FUKUHIRO at 00:45| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。