2004年08月22日

アテネオリンピックまとめ・その8

news100

news99

メダルがさらに2つ追加された。
自転車・男子チームスプリントの長塚智宏、伏見俊昭、
井上昌己の日本男子チーム(写真上)が銀メダルを獲得した。
予選と1回戦を順当に突破し、決勝で対戦したドイツに
ごくわずかの差で敗れ、銀メダルとなった。
なお、長塚・伏見・井上の3人は競輪選手。

また、男子ヨット470級の関一人、轟賢二郎組(写真下)
が銅メダルを獲得。男子ヨットでのメダル獲得は五輪史上
初めて。
通算メダル獲得数は金12、銀5、銅4となった。

野球は台湾と対戦し、延長10回4−3でサヨナラ勝ち。
サヨナラの要因は小笠原(日本ハム)の犠牲フライによる
もの。

自転車女子500メートルタイムトライアルの大菅小百合
は、10位に終わった。大菅は夏冬両方の五輪に出場した
選手だった。自転車チームスプリントで日本が銀メダル

関・轟組が銅、ヨットで男子初のメダル 470級

日本、延長10回に小笠原の左犠飛でサヨナラ勝ち!

大菅は10位 自転車女子500mタイムトライアル

大菅、一瞬の夏は貴重な経験に 9月からはスケート


posted by FUKUHIRO at 01:43| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。