2004年08月26日

アテネオリンピックまとめ・その12

news113

news114

シンクロナイズドスイミングのデュエットで、立花美哉・
武田美保組(写真上)は前回のシドニー五輪に続き、
2大会連続の銀メダルを獲得。
金メダルを獲得したロシアの厚い壁を破ることは
出来なかった。
メダル獲得数は金15・銀9・銅10となった。

女子ホッケーの7、8位決定戦で韓国と対戦。1−3
で敗れ8位に終わった。

男子トライアスロンの田山寛豪は13位、西内洋行は32位
でメダル獲得はならなかった。

男子レスリング・グレコローマン60キロ級の笹本睦は5位
入賞。グレコローマンは笹本だけが入賞を果たした。

女子マラソンで36キロ付近で棄権した女子マラソン世界記録
保持者のラドクリフ<イギリス>(写真下)が、
10000メートルに出場登録をしていることがわかった。
ラドクリフはマラソンのリベンジをしたいようだが、
あまりにもムチャすぎる。絶対にやめたほうがいい。
立花・武田組は銀メダル シンクロ・デュエット

日本、韓国に敗れ8位 女子ホッケー

田山は13位、西内は32位 トライアスロン男子

笹本は5位を決める レスリング男子グレコ60キロ

世界記録保持者のラドクリフが36キロで途中棄権


「泣くこともできなかった」 棄権のラドクリフ会見

ラドクリフが1万メートルに出場登録


posted by FUKUHIRO at 23:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。