2005年09月02日

松永国松元全日本女子プロレス社長が飛び降り自殺

今年4月に解散した全日本女子プロレスの社長だった
松永国松(まつなが・くにまつ)さんが先月17日、
東京都品川区のビルから飛び降り自殺した。63歳。
親族のみの密葬で荼毘に付された。

松永国松さんは東京都目黒区生まれ。ボクサーを経験
後に全日本女子プロレスの旗揚げに参加。マッチメイク
をやりつつ、「ジミー加山」のリングネームでレフェリー
を務めていた。ダンプ松本や北斗晶からは「国マネージャー」
と慕われた。

松永国松さんのご冥福をお祈りします。

全女最後の社長松永国松氏が飛び降り自殺
posted by FUKUHIRO at 22:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。