2005年09月18日

矢野2発&能見復活、マジック8

(甲子園)
ヤクルト200 000 102=5
阪  神013 610 00X=11

<投手>
(ヤ)藤井−宇野−佐藤賢−本間
(神)能見−橋本−藤川

○能見3勝1敗
●藤井9勝10敗

<本塁打>
(神)今岡27号ソロ=3回裏
   矢野17号2ラン=3回裏
   矢野18号2ラン=4回裏
   金本37号3ラン=4回裏

本来なら安藤が先発の予定だったが、夫人が
体調を崩し看病をするため、能見が急遽登板。
7回を何とか失点3で抑え、甲子園初勝利。
先発の層の厚さは十二分に自慢していい。

打撃では矢野の2発が効いた。20号目前か?

今日も中日が負けた!ついに優勝マジックが、
1桁に突入。マジック8。カウントダウンが
始まった!!

阪神−ヤクルト19回戦

広島−中日19回戦

今岡満塁4号!球団新記録、虎M「11」

矢野連発V&ダメ押し弾!虎圧勝「M8」

“藤井キラー”スペ砲が矢野弾演出

“KIアベック”金本37号&今岡同点弾

能見でかした!緊急先発で甲子園初星

安藤登録抹消、夫人の看病に専念

一枝氏分析「赤星が大勝導いた」


posted by FUKUHIRO at 23:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。