2005年09月24日

K−1ワールドグランプリ開幕戦結果

23日に大阪ドームでK−1ワールドグランプリが
開幕した。

ボブ・サップはチェ・ホンマンにまさかの判定負け。
僅差のジャッジだったので、残念。サップのリベンジ
に期待したい。

また、レイ・セフォーがガオグライ・ゲーンノラシン
に、ルスラン・カラエフがリカルド・ノードストランド
に、セーム・シュルトがグラウベ・フェイトーザに、
ジェロム・レ・バンナがゲーリー・グッドリッジに、
ピーター・アーツがマイティ・モーに、武蔵がフランソワ・
ボタにそれぞれ勝ち、11月に東京ドームで行われる
決勝トーナメントに進んだ。

なお、この日はトーナメント7試合と特別試合3試合
が行われたが、そのうち判定決着が8試合。最近の
K−1は判定決着が多すぎる。もう少しKO決着が
見たい!

K−1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦
posted by FUKUHIRO at 22:45| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

K-1 World Granprix 2005 開幕戰
Excerpt: 面白かつた! やはり、これだけの面々が鬪ふと面白い。 グラウベ・フェイトーザには失望した。 何が極眞の魂だ。 マス・大山が草葉の蔭で泣いてゐるぞ。 それとも、セーム・シュルトが強すぎるのかな? あれ..
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2005-10-04 21:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。