2002年10月03日

WRESTLE−1 GP2回戦結果

「WRESTLE−1 GP 2005」2回戦が2日、
国立代々木競技場第一体育館で行われた。

トーナメント2回戦ではボブ・サップが秋山準(ノア)を
ビーストボムで仕留め、完勝。K−1でチェ・ホンマンに
敗れたショックは癒えたようだ。

グレート・ムタは佐々木健介を凶器攻撃→毒霧攻撃→シャイ
ニングウイザードの必勝パターンで勝利。この必勝パターン
は阪神のJFKのように磐石である。

天龍源一郎の2回戦進出辞退で急遽、参戦が決まった鈴木
みのるは諏訪間幸平(全日本プロレス)をスリーパーホールド
で締め落とした。今後の展開次第でノアだけでなく全日本
プロレスへの参戦が期待される。

2回戦からのシード選手同士の対戦となったジャマールと
ドン・フライの試合はジャマールがフライングソーセージで
フォール勝ちした。

また、スコーピオとタッグを組んで特別試合に出場した曙は
ノアの三沢光晴&小川良成組と対戦したが、三沢のエルボー
連発によって、敗れた。

「WRESTLE−1 GP 〜2回戦〜」


posted by FUKUHIRO at 22:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。