2004年10月19日

パリーグプレーオフ第2ステージ第5戦結果

▼ダイエー−西武第5戦【11日の試合】
(西武3勝2敗、福岡ドーム、18:00、
47000人)

西  武000 003 000 1=4
ダイエー000 100 011 0=3

<投手>
(西)松坂、長田、星野、小野寺、豊田、石井貴−野田
(ダ)新垣、三瀬−城島

○豊田1勝1S
S石井貴1敗1S
●三瀬1敗1S

<本塁打>
(ダ)城島3号ソロ(4回、松坂)
   井口3号ソロ(8回、小野寺)

西武が延長10回に代打・犬伏の犠牲フライで
勝ち越し、2年ぶり20度目のリーグ優勝。
中日との日本シリーズ出場権を獲得した。
レギュラーシーズン1位のダイエーはあと一歩
及ばなかった。

プレーオフ元年 伊東西武が最後に笑った

耐えた中3日 松坂プロ入り「最高」の感動

石井義だ、犬伏だ!苦労人たちが決めた

王さん無念…連続日本一ならず

落合竜 さあ新人監督対決だ


posted by FUKUHIRO at 09:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。