2004年11月07日

PRIDE28結果

PRIDE28が10月31日にさいたまスーパーアリーナ
で行われた。
注目のミルコ・クロコップVSジョシュ・バーネットは、
ジョシュの肩の脱臼に伴い、ミルコのギブアップ勝利。

ここでふと疑問が。
今回はミルコの勝利だったが、8月のグランプリ決勝では
ノーコンテストになっている。
おかしな判定ではないか!
皆さんはどう思いますか?

全試合の結果はこちらへ。
   ↓
PRIDE28


posted by FUKUHIRO at 23:59| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別におかしな判定ではないんじゃない?だってジョシュはタップしてるんだもん。脱臼自体は不運なものだったけど、サブミッションで脱臼させたととれなくもない。グランプリは「偶然のバッティングによる試合続行不可能」ってやつで、ルールにものってるしノーコンテストは必然。まーでもジョシュの実力はこんなもんではないと思うけど。
Posted by 暇人 at 2004年11月18日 07:57
別におかしな判定ではないんじゃない?だってジョシュはタップしてるんだもん。脱臼自体は不運なものだったけど、サブミッションで脱臼させたととれなくもない。グランプリは「偶然のバッティングによる試合続行不可能」ってやつで、ルールにものってるしノーコンテストは必然。まーでもジョシュの実力はこんなもんではないと思うけど。
Posted by 暇人 at 2004年11月18日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。