2004年11月08日

新日本プロレス両国国技館大会結果

新日本プロレス両国国技館大会が3日に行われた。
この日は「蝶野正洋20周年記念“CHRONO 
STREAM”」と銘打ち、蝶野正洋プロレス
デビュー20周年記念興行となった。

蝶野は、長州力とタッグを組み、永田裕志&天山広吉
組と対戦。結果は蝶野が天山をシャイニング・ケンカ
キックからの体固めで勝利。

またIWGPヘビー級選手権は王者・佐々木健介が
挑戦者・棚橋弘至にフォール勝ちし、初防衛。

アジアタッグ選手権は挑戦者組・成瀬昌由&長井満也
組が王者組・渕正信&天龍源一郎組からギブアップを
奪い、王座奪取。

IWGPジュニアタッグ選手権は王者組・邪道&外道
組が挑戦者組・石森太二&タイガーマスク組と対戦。
王者組が石森の肩を破壊。少々むごい勝利となった。

また、ZERO−ONEの橋本真也が登場。蝶野に
祝福の花束を渡した。

全試合の結果はこちらへ。
   ↓
新日本プロレス「蝶野正洋20周年記念“CHRONO 
STREAM”」


posted by FUKUHIRO at 22:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。