ノア東京ドーム大会結果

posted by FUKUHIRO at 23:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W―1GPカード発表第3弾

柴田勝頼の対戦相手にノアの秋山準が決まった。18日の
東京ドーム大会に谷川貞治、ボブ・サップが来場し、秋山
に出場依頼をし、快諾を得たことによるもの。

ノア・秋山の対戦相手が柴田に決定=8.4W-1GP
posted by FUKUHIRO at 22:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッスル10&11結果

橋本真也さんが亡くなってから初のハッスル・
ナンバーシリーズが行われた。13日に福岡国際
センターでハッスル10、15日に大阪府立体育
会館でハッスル11が行われた。両大会とも橋本
さんの追悼セレモニーが行われた。

ハッスル10では小川直也と安田忠夫が対戦。1億
争奪マッチとして行われたが、結果は小川が圧勝。
見事賞金ゲットしたかに見えたが、高田延彦の罠で
賞金1億円ではなく、1億モンスタードルという
紙くずを受け取る羽目になった。怒り心頭の小川と
安田はハッスル11でタッグを結成することになった。

ハッスル11では小川&安田組がブルーノ・ヘラクレス
&キング・ギラファ組と対戦したが、モンスター軍の
札束攻勢に安田が小川を裏切り、モンスター軍の勝利に
加担した。

また、メインで川田利明がインリン・オブ・ジョイトイ
にフォール勝ちしたが、モンスター軍のイチャモンに
より、無効試合になる最悪の結末となった。

ハッスル10結果

ハッスル11結果
posted by FUKUHIRO at 22:22| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

3馬鹿トリオ、デイリースポーツに乱入…

高田モンスター軍の3馬鹿トリオ
高田延彦・安生洋二・島田裕二が10日、15日に
大阪で行われるハッスル11の宣伝で、神戸市の
デイリースポーツ新聞社を訪問。早速、3馬鹿たち
は「高田モンスター軍を1面にしろ。」と無理難題
を要求した。

この3人のお馬鹿さんはマジで空気を読めない人たち
ですなぁ。デイリーは阪神が勝とうが負けようが、
阪神が1面なのに。阪神の選手たちの爪の垢を
煎じて飲ませたほうが良い。3馬鹿トリオには
あきれてしまう。

高田総統 デイリー乗っ取る
posted by FUKUHIRO at 12:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

W―1GPカード発表第2弾

8月4日に行われるWRESTLE―1グランプリの
2度目のカード発表が7日にあった。

新たに発表されたのはボブ・サップVSジャイアント・
バーナードと天龍源一郎VS村上和成。特にサップVS
バーナードは強烈な肉弾戦になることは間違いないで
あろう。

サップ「W―1」参戦で2冠宣言
posted by FUKUHIRO at 10:25| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HERO’S旗揚げ第2戦結果

6日に代々木第一体育館で行われたHERO’S
旗揚げ第2戦。今回はミドル級トーナメントと
特別試合の2本立てで行われた。

トーナメントでは所英男がアレッシャンドリ・
フランカ・ノゲイラ(ブラジル)に、高谷裕之が
ヤニ・ラックス(スウェーデン)に、ホイラー・
グレイシー(ブラジル)が吉田幸治に、宮田和幸が
シャミール・ガイダルベコフ(ロシア)に、
レミギウス・モリカビュチスが村浜武洋にそれぞれ
勝利し、次の2回戦にコマを進めた。

特別試合で勝利したのはホドリゴ・グレイシー、
ボブ・サップ、秋山成勲、レイ・セフォー、ピーター・
アーツ、山本“KID”徳郁とそうそうたるメンバー
であった。

HERO’S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦
posted by FUKUHIRO at 10:11| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRIDEミドル級GP2回戦結果

先月26日にさいたまスーパーアリーナで行われた
PRIDEミドル級グランプリ2回戦。日本人選手
が全て敗退した。

桜庭和志がヒカルド・アローナに、中村和裕が
ヴァンダレイ・シウバに敗れた。特に桜庭の血まみれ
の顔は衝撃が走った。

また、マウリシオ・ショーグンとアリスター・
オーフレイムが決勝トーナメントに進んだ。

決勝トーナメントは8月28日にさいたまスーパー
アリーナで行われる。

PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND結果

PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND詳報
posted by FUKUHIRO at 10:10| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(4) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

噂のW−1、ついにスタート

K−1(谷川貞治イベントプロデューサー)と
ビッグマウス(上井文彦社長)が手を組んだ
プロレスイベント「W−1」(レッスルワン)
が8月4日に両国国技館で旗揚げされることに
なった。

今回のW−1は過去2回のW−1とは違い、
トーナメント方式で行われる。8月4日の
トーナメント開幕戦で曙VSグレート・ムタ
(武藤敬司)、長州力VS佐々木健介の試合が
行われることが決まった。

また、天龍源一郎やボブ・サップの参戦も予想
されており、プロレス復活への起爆剤となるのは
間違いないだろう。

PS 元週刊プロレス編集長のターザン山本が
今回のW−1のアイデアを提言しています。

「W−1」開催について。(ターザンカフェ)

8.4「W-1 GP開幕戦」で曙vsグレート・ムタ、長州vs健介が決定
posted by FUKUHIRO at 16:45| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

K−1広島大会結果

battle1

14日に広島グリーンアリーナで「K−1 WORLD
GRANDPRIX 2005 in HIROSHIMA」
が行われた。同興行は、9月23日開幕のグランプリ
出場権をかけたジャパングランプリが中心。

出場権をもぎ取ったのは、ボブ・サップ(写真)。圧倒的
な強さがなかったものの予想通り(?)の優勝だった。

また、特別試合でチェ・ホンマン(韓国)がZERO−
ONEに参戦していたトム・ハワード(アメリカ)に1R
KO勝ちした。

K-1 WORLD GP 2005 IN HIROSHIMA
posted by FUKUHIRO at 20:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

PRIDE武士道・其の七結果

先月22日に有明コロシアムで行われたPRIDE武士道
・其の七。この回からライバル「HERO’S」を意識
して中量級のみのマッチメイクとなった。

五味隆典はルイス・アゼレード(ブラジル)に1RKO
勝ち、長南亮はニーノ・“エルビス”・シェンブリ
(ブラジル)に判定勝ちしたが、美濃輪育久はフィル・
バローニ(アメリカ)に2RKOで敗れた。

なお、PRIDE武士道・其の八は来月17日に名古屋
レインボーホールで行われる。

PRIDE武士道−其の七−結果
posted by FUKUHIRO at 12:25| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッスル3連戦(9、ハウス7・8)結果

5月に行われたハッスル・シリーズは3興行。10日に
新潟市体育館で行われたハッスル9。14日・15日に
札幌メディアパークスピカで行われたハッスル・ハウス
vol.7、vol.8。

ハッスル9では小川直也&川田利明&大谷晋二郎の
ハッスル軍最強トリオがアン・ジョー司令長官&
ジャイアント・シルバ&マーク・コールマンに圧勝。

ハッスル・ハウスvol.7では小川直也&川田利明
がジャイアント・シルバ&マーク・コールマンにまさか
の敗戦。

ハッスル・ハウスvol.8では小川直也がマーク・
コールマンにフォール勝ちし、ハッスル・ハウスvol.7
の雪辱を果たした。

次回のハッスル・シリーズはハッスル10が7月13日に
福岡国際センターで、ハッスル11が7月15日に大阪府立
体育会館で行われる。

ハッスル9結果

ハッスル・ハウスvol.7結果

ハッスル・ハウスvol.8結果
posted by FUKUHIRO at 12:12| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日本プロレス東京ドーム大会結果

先月14日に東京ドームで行われた新日本プロレスの結果。

IWGPヘビー級選手権は挑戦者・天山広吉が王者・小島聡
(全日本プロレス)をフォールし、王座奪還に成功した。

特別試合の藤波辰爾&三沢光晴(ノア)組と蝶野正洋&獣神
サンダー・ライガー組は藤波がライガーにフォール勝ち。

また、武藤敬司(全日本プロレス)はロン・ウォーターマン
にフォール勝ちし、格の差を見せつけた。

新日本プロレス「NEXESS」結果
posted by FUKUHIRO at 11:51| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K−1ワールドMAX開幕戦結果

先月4日に開幕したK−1ワールドMAX世界一決定
トーナメント。会場は有明コロシアム。

トーナメント1回戦では魔裟斗がイム・チビン(韓国)
に判定勝ち、小比類巻貴之がダリウス・スクリアウディス
(リトアニア)に2RKO勝ちしたが、安廣一哉は
ジャダンバ・ナラントンガラグ(モンゴル)に判定で
敗れた。また、ジョン・ウェイン・パー(オーストラリア)
がシェイン・チャップマン(ニュージーランド)に、
アンディ・サワー(オランダ)がマルフィオ“ザ・
ウォーリヤー・タイガー”カノレッティ(ブラジル)に、
アルバート・クラウス(オランダ)がヴァージル・カラコダ
(南アフリカ)に、ブアカーオ・ポー・プラムック(タイ)が
ワシリー・シシ(ベラルーシ)にそれぞれ勝利した。

また、特別試合で行われた山本“KID”徳郁とマイク・
ザンビディス(ギリシャ)の試合はKIDがまさかの3RKO
負けを喫した。

なお、決勝トーナメントは来月20日に横浜アリーナで行われる。

K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント開幕戦〜結果

K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント決勝戦〜詳細

K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント決勝戦〜対戦カード
posted by FUKUHIRO at 11:41| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

PRIDEミドル級グランプリ開幕戦結果&2回戦組み合わせ

先月23日に大阪ドームで開幕したPRIDEミドル級
グランプリ。当日は1回戦8試合が行われた。

桜庭和志はユン・ドンシクを1R38秒で秒殺KO。
格の違いを見せつけた。吉田秀彦はヴァンダレイ・シウバ
に判定負け。リベンジはならなかった。中村和裕はケビン
・ランデルマンに判定勝ちしたが、近藤有己はイゴール・
ボブチャンチンに判定負けした。

また、ヒカルド・アローナはディーン・リスターに、アリスター
・オーフレイムはビクトー・ベウフォートに、アントニオ
・ホジェリオ・ノゲイラはダン・ヘンダーソンに、マウリシオ
・ショーグンはクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンに
それぞれ勝利した。

一方、6月26日にさいたまスーパーアリーナで行われる
ミドル級グランプリ2回戦の組み合わせが12日に発表された。

桜庭VSアローナ、中村VSシウバ、ショーグンVSホジェリオ、
ボブチャンチンVSオーフレイムの4試合が行われる。

PRIDE GP 2005 開幕戦

ミドル級GP2回戦の組み合わせ決定=PRIDE
posted by FUKUHIRO at 23:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

全日本プロレス「チャンピオン・カーニバル」決勝結果

全日本プロレス春恒例のチャンピオン・カーニバルの
決勝が20日に東京・代々木第2体育館で行われた。

9日からA・Bブロックで総当り戦が行われた結果、
この日の決勝トーナメントにはAブロックからは
小島聡、佐々木健介、Bブロックからは川田利明、
ジャマールの4人が進出した。

トーナメント1回戦の小島VSジャマールは4冠王者
・小島がジャマールにまさかのフォール負け。健介VS
川田は健介が腕を痛め、苦しんだが川田に勝利した。

決勝の健介VSジャマールはジャマールが攻め込んで
いたが、最後は健介が攻め勝ち、昨年準優勝の雪辱を
果たした。

健介選手のブログに祝福のトラックバックを打ちたいと
思う。優勝おめでとう!

全日本プロレス「2005チャンピオン・カーニバル最終戦」
posted by FUKUHIRO at 22:56| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

PRIDE武士道・其の六結果

PRIDE武士道・其の六が3日に横浜アリーナで
行われた。

メインで”世界のTK”高阪剛とエミリヤーエンコ・
ヒョードルが対戦。ヒョードルが高阪を血祭りに挙げ
ドクターストップによるTKO勝ち。2000年12月
のリングスの興行では高阪が勝ったが今回はヒョードル
が雪辱を果たした。

なお、今回高阪を含め7人の日本人選手が出場したが
勝ったのは第9試合に出場した美濃輪育久のみ。日本人
が舐められないかどうか心配である。

PRIDE武士道−其の六−結果

ヒョードル雪辱勝!次はミルコ

高阪無念…血染めのTKO負け

美濃輪が日本人唯一の白星/PRIDE
posted by FUKUHIRO at 13:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

坂口CEO勇退

新日本プロレスの坂口征二CEO(最高経営責任者)
が、3月一杯でCEOを退き、4月より相談役に
就いた。

自らがスカウトした北尾光司、小川直也、鈴木健三
を育てることが出来なかったのが心残りだそうだ。

今現在、新日本プロレスは重大な危機に瀕している。
坂口さんが相談役でいいのか!?

新日本プロレスのCEOを勇退した坂口征二氏が会見
posted by FUKUHIRO at 23:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

新日本プロレス両国大会結果

26日に両国国技館で行われた新日本プロレス
の結果。

藤波辰爾が2003年1月4日の東京ドーム
大会以来の復帰を果たした。藤波は第1試合で
西村修と15分1本勝負で対戦。時間切れで
引き分けた。

メインイベントのIWGPヘビー級選手権は
王者・小島聡(全日本プロレス)と挑戦者・
中邑真輔が対戦。60分時間切れで引き分け、
小島が初防衛を果たした。

中邑はまだまだ青い。もう少し修行した方が
よい。

新日本プロレス「NEXESS」結果
posted by FUKUHIRO at 22:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HERO’S結果

前田日明がスーパーバイザーを務めた総合
格闘技イベント「HERO’S」が26日、
さいたまスーパーアリーナで行われた。

PRIDE参戦時は結果が芳しくなかった
大山峻護はヴァレンタイン・オーフレイム
(オランダ)にアンクルホールドで勝利。
同日のTBSの中継では大山は以前、左右の
目の網膜はく離で苦しめられた
過去があったと明かされていた。
網膜はく離からの復活を飾った大山に拍手を
送りたい。

宇野薫はヨアキム・ハンセン(ノルウェー)
の膝蹴りがモロに顔面にヒットし、KO負け。
宇野は終始、攻めが勝っていただけに非常に
惜しい敗戦となった。

須藤元気はラモン・デッカー(オランダ)に
ヒールホールドで勝利。実は左足を骨折
していたという。それでも勝ってしまう
のだから脱帽である。

ボブ・サップはキム・ミンスにKO勝ち。
サップはキムにパンチを連打され、額と鼻
から出血。ドクターチェック後にキムに
右ストレートをぶち込み圧勝。2005年の
初戦を飾った。やっぱりサップはこの試合の
ような強烈なインパクトがあった勝利の方が
見ている側としては爽快である。

昨年大晦日以来の試合となった秋山成勲は
ジェロム・レバンナ(フランス)の膝蹴りに
よりKO負け。宇野同様、非常に惜しかった。

HERO’S結果

骨折何の!須藤“地獄の風車”に快勝

サップ復活!秒殺V

秋山KOで総合初黒星

前田「涙が出そうになった」
posted by FUKUHIRO at 21:00| 千葉 ☁| Comment(7) | TrackBack(16) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。