2004年07月08日

闘龍門がDRAGON GATEに

プロレス団体闘龍門からDRAGON GATEに名称を変更し、
創始者のウルティモ・ドラゴンが卒業することになった。

また、7月17日から8月31日まで東京・台場のフジテレビで
毎日プロレスの試合を行うことになった。フジテレビの夏の
大イベント「お台場冒険王2004」のコラボレーションイベント
とのこと。

闘龍門が「DRAGON GATE」で再出発

DRAGON GATEがお台場で1カ月150試合


posted by FUKUHIRO at 23:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

カシン、全日本プロレスをクビ!

battle9

ケンドー・カシンが所属していた全日本プロレスを
7月1日付けで解雇されていたことがわかった。
理由は以下の2点。

【1】5月22日と6月6日の後楽園ホール大会を無断欠場
【2】世界タッグ選手権ベルトへの冒涜

カシンよ、安田忠夫みたいにマトモになったらどうか?

カシン絶句! 全日から電撃解雇

posted by FUKUHIRO at 21:43| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月28日

ハッスル・ハウスVOL1結果

battle4

battle5

battle3

本日の「ハッスル・ハウスVOL1」は
ハッスル軍VS高田モンスター軍
のコンセプトで行われた。

セミファイナルの敗者アフロマッチは、
橋本真也が“肩刈り酋長”KATAKARIに腕ひしぎ逆十字固め
で勝ち、アフロの危機を免れた。
メインイベントの川田利明&坂田亘VS
ダン・“ザ・バッファロー”・ボビッシュ&
ザ・ピラニアン・モンスターは、
ボビッシュが坂田を片エビ固めでフォール勝ち。

なお、本日の対抗戦は3勝2敗で高田モンスター軍の勝ち。続きを読む
posted by FUKUHIRO at 22:54| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳山、まさかの1RKO負け!

battle8

battle7

ボクシング・WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチで、
挑戦者=川嶋勝重(写真上)が王者=徳山昌守(写真下)に
1R1分47秒でTKO勝ち。川嶋が王座奪取。
徳山は9度目の防衛に失敗。

徳山の写真は昨日の記者会見で余裕を見せて、ベルトの手入れを
するパフォーマンスの場面。
余裕をかましてるから、1RKO負けと言う失態を犯すのである。

川嶋王座奪取!徳山をTKO/ボクシング
posted by FUKUHIRO at 22:39| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

K−1静岡大会結果

battle1

藤田和之戦での惨敗劇から立ち直ったのか注目された、
ボブ・サップ。
今日はレイ・セフォーとK−1ルールで対戦。
しかし、2ラウンド49秒でKO負け。
格闘技引退のガケップチに。


全試合の結果はこちらへ

K-1 BEAST 2004 in 静岡
〜JAPAN GP決勝トーナメント〜


posted by FUKUHIRO at 22:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

PRIDEグランプリ2回戦結果

battle4

battle3

小川直也はジャイアント・シルバに1RKO勝ち。
8月の決勝トーナメントには小川、セルゲイ・ハリトーノフ、
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、エメリヤーエンコ・ヒョードルの
4人が駒を進めた。
また、吉田秀彦は元Kー1王者マーク・ハントに腕ひしぎ逆十字で
勝利。桜庭和志はニーノ“エルビス”シェンブリに判定勝ちしたが、
高田延彦PRIDE統括本部長曰く、
「桜庭は試合できる状態でなかった。スパーリングもまったくできなかった。」
サク大ピンチ!!

全試合結果はこちらへ。

PRIDE GP 2004 2nd ROUND 2004年6月20日 さいたまスーパーアリーナ




posted by FUKUHIRO at 01:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月16日

破壊王がアフロに?

battle6

6/28の「ハッスル・ハウスVOL1」で
橋本真也VS“肩刈り首長”KATAKARI
の対戦が決定。
敗者はアフロへアになることが決定した。
ただ、アフロのアイデアは小川直也が提案と
DSEは言っているが、そんな訳ないだろう!
posted by FUKUHIRO at 21:55| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月06日

ハッスル・ハウスVOL1

battle3

battle4

battle5

PRIDEを主催するDSEが主催する
プロレスイベント「ハッスル」に新たに「ハッスル・ハウス」が
組み込まれた。
その会見で小川直也が島田裕二をガムテープでぐるぐる巻きにし、
ブラジル滞在中の高田延彦に発送。

いやぁ、痛快だわ!!

<注>島田本人は「裕三」と名乗っていますが、
   私は認めたくないので「裕二」で通させて頂きます。


小川が高田軍参謀長ガムテープ葬
posted by FUKUHIRO at 00:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRIDEグランプリ2回戦

battle4

PRIDEグランプリ2回戦の組み合わせと特別試合の発表。
小川直也は「ハッスル」でも因縁深いジャイアント・シルバと対戦。
吉田秀彦はK−1元王者のマーク・ハントと対戦。
桜庭和志はニーノ・“エルビス”・シェンブリとのリベンジマッチに
臨む。
*******************************
私は小川VS吉田が見たい!PRIDEはまた大晦日に興行を
やるようなので、ぜひやってもらいたい!

小川、準決勝の相手はシルバ

桜庭がシウバ戦アピール 吉田はハントと殴りあいも
posted by FUKUHIRO at 00:31| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日本プロレス大阪大会

battle2

当初、王者=ボブ・サップVS挑戦者=棚橋弘至の予定が
サップの王者返上により藤田和之との王者決定戦になった、
IWGPヘビー級選手権。
藤田がサップ戦の時と同様の蹴りのラッシュに棚橋が失神。
藤田が新王者になった。

全試合結果はこちらへ。

新日本プロレス 2004年6月5日 大阪府立体育会館
posted by FUKUHIRO at 00:07| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月04日

ボブ・サップ、IWGPヘビー級王座を返上

battle1

藤田和之に滅多打ちにされ負けたショックから
立ち直れずにベルトを返上。
どうも最近のサップは自分から望んでやっている
とは思えないんですよ。
しばらく格闘技を休んだ方がいい。
そして万全になって日本に帰ってきてほしい。

サップが敵前逃亡 王座返上で6.5大阪を欠場
posted by FUKUHIRO at 00:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月01日

雑誌「実話GONナックルズ」で・・・

battle3

battle4

battle5

7月25日開催のハッスル4で、小川直也がハッスル連合艦隊から高田モンスター軍に寝返るという台本があるという記事を読んだ。

オーちゃん、目を覚ませ!!
posted by FUKUHIRO at 23:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月03日

WRESTLE−1 GP2回戦結果

「WRESTLE−1 GP 2005」2回戦が2日、
国立代々木競技場第一体育館で行われた。

トーナメント2回戦ではボブ・サップが秋山準(ノア)を
ビーストボムで仕留め、完勝。K−1でチェ・ホンマンに
敗れたショックは癒えたようだ。

グレート・ムタは佐々木健介を凶器攻撃→毒霧攻撃→シャイ
ニングウイザードの必勝パターンで勝利。この必勝パターン
は阪神のJFKのように磐石である。

天龍源一郎の2回戦進出辞退で急遽、参戦が決まった鈴木
みのるは諏訪間幸平(全日本プロレス)をスリーパーホールド
で締め落とした。今後の展開次第でノアだけでなく全日本
プロレスへの参戦が期待される。

2回戦からのシード選手同士の対戦となったジャマールと
ドン・フライの試合はジャマールがフライングソーセージで
フォール勝ちした。

また、スコーピオとタッグを組んで特別試合に出場した曙は
ノアの三沢光晴&小川良成組と対戦したが、三沢のエルボー
連発によって、敗れた。

「WRESTLE−1 GP 〜2回戦〜」
posted by FUKUHIRO at 22:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。