2005年10月02日

スプリンターズステークス予想

秋のGTシリーズがスタート。1つでも多く
当てたい。

◎〔2〕テイエムチュラサン
○〔6〕シーイズトウショウ
▲〔7〕シルキーラグーン
△〔4〕デュランダル
△〔5〕ケープオブグッドホープ
△〔12〕アドマイヤマックス
△〔13〕サイレントウィットネス

【3連複】2−6−7
【馬連】2−6 2−7 2−4 2−5
    2−12 2−13

アイビスサマーダッシュ女王の3歳牝馬、
テイエムチュラサンを本命に。牝馬3頭を
中心に、デュランダル、アドマイヤマックス、
香港の2頭まで手広く。

第39回スプリンターズステークス(GT)枠順
posted by FUKUHIRO at 00:05| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

宝塚記念を振り返る

takaraduka

井崎脩五郎氏が写真のように的中しました。よく
当てたよなぁ…。

さて、レース回顧です。レース前に井崎氏は、
「前半が1分以内ならタップダンスシチーと
ゼンノロブロイは沈む。」と言っていたがまんま
とその通りになってしまった。コスモバルク、
シルクフェイマス、タップダンスシチーと前に行った
馬は撃沈。最終コーナーで一時は先頭に立つ勢いだった
ゼンノロブロイとリンカーンも止まってしまい、
スイープトウショウとハーツクライに差されてしまった。
井崎氏の言う通り、ハイペースがモノを言った結果と
なってしまった。

スイープトウショウがこんなに強いとは思わなかった。
次の目標は天皇賞・秋だろう。天皇賞・秋を勝てば、
エアグルーヴを超える名牝になると思う。

第46回宝塚記念(GT)全成績

【宝塚記念】2強をまとめてスイ−プ!39年ぶり牝馬V

【宝塚記念】ロブロイ3着…史上初の中央GI4連覇ならず

【宝塚記念】1番人気に応えられず…タップ沈没7着

【宝塚記念】リンカーン&バルクGI初制覇ならず…
posted by FUKUHIRO at 10:09| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

宝塚記念予想

image/fukuhiro-2005-06-25T19:42:29-1.jpg

◎〔15〕タップダンスシチー
○〔3〕トウショウナイト
▲〔2〕ビッグゴールド
△〔1〕シルクフェイマス
△〔6〕ゼンノロブロイ

【馬 連】3―15 2―15 1―15
6―15
【ワイド】2―3

さあ、上半期ラストGT宝塚記念。昨年
的中しているので気合いが入っている。

本命は昨年と同じくタップダンスシチー。
昨年とまったく同じローテーション(金鯱
賞→宝塚記念)でしかも金鯱賞を昨年同様
勝っているので、問題は無いだろう。

相手はトウショウナイト。天皇賞(春)を
除いては安定した成績。素直に買いである。

以下、ビッグゴールド・シルクフェイマス・
ゼンノロブロイまで。

■写真は25日発行のデイリースポーツ
 競馬面。

第46回宝塚記念(GT)枠順
posted by FUKUHIRO at 19:42| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(62) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

安田記念を振り返る

▲アサクサデンエンが前哨戦の京王杯スプリング
カップに続き、連勝。初のGTタイトルを獲得した。

道中は中団で待機し、最後の直線でスイープトウショウ
を振り切って勝った。京王杯の優勝はまぐれでは
なかった。

◎オレハマッテルゼは11着。前を塞がれ、好位置に
抜け出せなかったことが敗因か。

安田記念全成績

【安田記念】6歳初GIでやった!デンエンが春のマイル王

【安田記念】GI馬の意地見せた!スイープ惜しい2着

【安田記念】負けて強し…香港の英雄ウィットネス3着

【安田記念】昨秋の疲れが…ダンスインザムード大敗
posted by FUKUHIRO at 23:24| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

安田記念予想

◎〔4〕オレハマッテルゼ
○〔18〕ハットトリック
▲〔7〕アサクサデンエン
△〔5〕ダンスインザムード
△〔13〕アドマイヤマックス
△〔17〕テレグノシス

【馬連】4−18 4−7 4−5 4−13
4−17

まずズバリ言っておくが、香港馬3頭(ボウマンズ
クロッシング・サイレントウィットネス・ブリッシュ
ラック)はノーマークでいい。東京の長い直線では
適応できないと見ている。サイレントウィットネス・
ブリッシュラックは人気になり過ぎている。

今回の本命はオレハマッテルゼ。東京【3・3・2・0】
と1600m【3・3・1・1】と成績が良い。素直に
本命に挙げた。

対抗はハットトリック。前走の読売マイラーズカップの
9着は不利を受けてのものなので、無視して良かろう。
ハットトリックも東京【3・0・0・0】と1600m
【5・0・0・1】と成績が良い。

以下、京王杯スプリングカップ王者のアサクサデンエン、
1600m3着以下無しのダンスインザムード、東京の
実績があるアドマイヤマックス、テレグノシスまで。

第55回安田記念の枠順
posted by FUKUHIRO at 12:21| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(32) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

日本ダービーを振り返る

◎ディープインパクトが文句無しの2冠を達成した。

スタートがうまくいかなかった為、一瞬ヒヤリとさせたが
それ以外は完璧な内容だった。1973年のハイセイコー
の単勝支持率(66.6%)を超える重圧にも耐え、
(ディープインパクトの単勝支持率=73.4%)昨年の
キングカメハメハと同タイムの2分23秒3で完勝した。

夏を無事に乗り越え、菊花賞を勝利し3冠を達成すること
ができるだろうか要注目である。

○ダンツキッチョウ(13着)、▲ニシノドコマデモ(6着)
の出る幕は全くなかった。

なお、予想は的中しました。

第72回東京優駿・日本ダービー全着順

【ダービー】無敗3冠を確信!インパクト5馬身差圧勝

【ダービー】“衝撃”の2冠にユタカ「感動しました」

【ダービー】6度目の挑戦で…池江郎師嬉しい“3冠”

【ダービー】金子オーナー、史上初の“連覇”に感無量

【ダービー】インティライミ勝ちにいって2着

【ダービー】皐月賞2着の意地!シックスセンス3着
posted by FUKUHIRO at 19:57| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(50) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー予想

◎〔5〕ディープインパクト
○〔13〕ダンツキッチョウ
▲〔2〕ニシノドコマデモ
△〔3〕ローゼンクロイツ
△〔6〕アドマイヤフジ
△〔7〕インティライミ
△〔14〕アドマイヤジャパン
△〔15〕シックスセンス

【馬連】5−13 2−5 3−5 5−6
5−7 5−14 5−15

オークスのシーザリオ同様にディープインパクト
鉄板。相手本線は日本ダービーと同距離の青葉賞
1・2着のダンツキッチョウ、ニシノドコマデモ。
福永祐一のアドマイヤフジも押さえる。

昨日(5/28)発行の東京スポーツに阪神・
岡田監督の日本ダービー予想が載っていたので、
転載。岡田監督は馬単で予想している。

以前はよく馬券を買うたけど、今年に入ってからは
遠ざかっているからなあ。よく分からんけど、ディ
ープインパクトでガチガチやろ。大本命やからな。
だから買うとすればインパクト中心のヒモ穴狙いで
5−1、5−6、5−8。それと現役時代から自分
の背番号を買っているから5−16。


第72回東京優駿・日本ダービー枠順

インパクトの単勝支持率いかに

有名人ダービー予想

キャプテンハッスル・小川直也のダービー予想

さくらパパ、相手はジャパン
posted by FUKUHIRO at 05:58| 千葉 ☁| Comment(11) | TrackBack(64) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オークスを振り返る

◎シーザリオが完勝。最終コーナーまでは後方で最終
コーナー〜直線にかけての猛スパート。恐れいった。
勝った福永祐一は昨年のダイワエルシエーロに続く
オークス2連覇。そして今年のG14勝目。絶好調。
日本ダービーはアドマイヤフジに騎乗する。

○レースパイロット(9着)は距離適性、▲ディアデ
ラノビア(3着)レース前の体力消耗が敗因であろう。

【オークス】絶望的位置から豪快差し!シーザリオ樫女王

【オークス】「勝った馬が強すぎる」メサイア2着

【オークス】武幸「悔いなし」エイシンテンダー4着

優駿牝馬・オークス全成績
posted by FUKUHIRO at 05:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

オークス予想

◎〔4〕シーザリオ
○〔7〕レースパイロット
▲〔10〕ライラプス
△〔9〕ディアデラノビア
△〔16〕ビッグフラワー
△〔18〕ジェダイト

【馬連】4−7 4−10 4−9 4−16
    4−18

NHKマイルカップが桜花賞の1着&3着の
ワンツーフィニッシュで決まったように、
オークスでも桜花賞2着シーザリオの優位は
揺るぎない。しかも騎手が福永祐一。今年の
GTを3勝しているだけに鉄板だと思う。
相手はキングカメハメハの妹、レースパイロット。

第66回優駿牝馬(オークス)枠順
posted by FUKUHIRO at 10:57| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

NHKマイルカップを振り返る

あっと驚く牝馬のワンツーフィニッシュだった。桜花賞
女王のラインクラフトが2冠を達成。2着に桜花賞3着
のデアリングハートが入った。

敗れた他陣営のコメントが異口同音に「敗因は予想外の
スローペース」と言っていた。牝馬に惨敗したがための
単なる言い訳じゃなかろうか?

それにしてもラインクラフトに騎乗した福永祐一は今年、
GTを3勝。(フェブラリーステークス・桜花賞・NHK
マイルカップ)とても乗りに乗っている。22日のオークス
ではシーザリオに騎乗。またまた要注目である。

第10回NHKマイルカップ(GT)全成績

【NHKマイルC】牡馬蹴散らした!ライン“変則2冠”

【NHKマイルC】大健闘!デアリングハート2着

【NHKマイルC】アイルラヴァゲイン届かず3着
posted by FUKUHIRO at 22:34| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

NHKマイルカップ予想

gendai

◎〔17〕イヤダイヤダ
○〔2〕ペールギュント
▲〔8〕バブルエスティーム
△〔3〕セイウンニムカウ
△〔12〕ラインクラフト
△〔18〕インプレッション

【馬連】2−17 8−17 3−17 12−17
    17−18

今回の本命はイヤダイヤダ。なぜ本命にしたのかは、
日刊ゲンダイ<関東版>の武田記者のコラム(写真1枚目)
によってのものだ。引用すると、

 左回りに替わるのがプラス材料だ。
 父サニーブライアンは平成9年の皐月賞、ダービーの2冠
馬。右回り、左回りともにGTを勝っているが、産駒は
不思議と左回り巧者が多い。
 JRAの平地での勝ち鞍は61。最も勝っているのが中京
の10勝、次いで新潟が9勝。そして東京、中山、阪神が
7勝ずつ。つまり、3位タイの東京まではすべて”左回り”
なのだ。
 代表産駒の準オープン馬グランリーオは中山で
<0・0・2・8>に対して東京は<3・2・3・6>、
3勝馬カゼニフカレテは中京、新潟で各1勝。中京での勝利
はGV愛知杯だ。ほかにも関東馬フェスティブシャンが3勝
中、中京で2勝を挙げている。
 また、”最も苦手”の傾向があったのが中山の芝。イヤダ
イヤダが2着するまでは5番人気以内が11頭いても
<0・0・6・30>。このデータからイヤダイヤダは東京
でニュージーランドT2着以上の走りをする可能性は大だ。
 中京2歳S9着はイレ込みがきつかったから。当時とは馬
の力が全く違うし、東京替わりで再度の激走に期待したい。


サニーブライアン産駒は左回りが得意であるということは
初めて知った。これをイヤダイヤダに当てはめるのは文句
なしだと思う。優勝以外はイヤダイヤダ!!

第10回NHKマイルカップ(GT)枠順

touspo2

PS 写真2枚目のように大阪スポーツの明神記者も本命
だそうです。
posted by FUKUHIRO at 00:58| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(20) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

天皇賞を振り返る

1着スズカマンボ、2着ビッグゴールド、3着アイポッパー
で3連単が193万と大荒れ。競馬の難しさを改めて思い
知らされた。

スズカマンボは最終コーナーを回ってから、馬群を割って
まんまと盾制覇。アンカツマジックの炸裂である。

ビッグゴールドはスタートからずっと先頭でゴールまで
持ち応えた。かなりタフな馬である。

アイポッパーはGT初挑戦で3着は立派だが、やはり経験の
少なさが裏目に出てしまったのだろうか。

7着のマカイビーディーヴァ、10着のザッツザプレンティ、
16着のヒシミラクルは固い馬場が災いしてしまった。
ヒシミラクルとザッツザプレンティは脚を痛め、
ザッツザプレンティは引退。ヒシミラクルも引退濃厚。
日本の硬すぎる馬場は何とかできないのだろうか?

第131回天皇賞(春)(GT)成績

【天皇賞・春】踊る大混戦!マンボ制した3連単193万円

【天皇賞・春】14番人気!ビッグ2着でビッグな配当!

【天皇賞・春】戦い終わって騎手は語る…

ヒシミラクル古傷の繋靱帯炎が再発か…引退の可能性も

ザッツザプレンティが引退、種牡馬に

touspo

PS 写真のように、東京スポーツの河合記者が3連単
を的中。また、月刊誌「ギャンブル宝典」の積田氏が
3連複を的中。
お二方、的中おめでとうございます。
posted by FUKUHIRO at 19:22| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

天皇賞の馬券を買いました

image/fukuhiro-2005-05-01T09:51:49-1.jpg

image/fukuhiro-2005-05-01T09:51:49-2.jpg

写真のように馬連と馬単を買いました。
当たればいいなと思います。

ではこれから仕事に行ってきます。
posted by FUKUHIRO at 09:51| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇賞予想

◎〔13〕アイポッパー
○〔8〕ヒシミラクル
▲〔4〕トウショウナイト
△〔6〕リンカーン
△〔7〕シルクフェイマス
△〔9〕チャクラ

【馬連】8―13 4―13 7―13
    9―13 6―13

◎はアイポッパー。京都6戦4勝2着2回と
パーフェクト。長距離も得意なので本命。

相手はヒシミラクル。ハンデが60`の
京都記念を3着になり復調してきた。逆転
の可能性は十二分に有るのではないか。

問題のマカイビーディーヴァは3200b
を勝っているが、オーストラリアでの勝利。
日本の馬場とは違うであろう。前走の
エイプリルステークスは7着で日本の馬場
に向いてないと思うので無印。

第131回天皇賞(春)(GT)の枠順
posted by FUKUHIRO at 08:34| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

皐月賞を振り返る

ディープインパクトの圧勝で終わった。
スタートのつまづき→出遅れを苦にせず
問答無用の圧勝だった。脱帽である。

◎ヴァーミリアンは12着。逃げバテか?

keiba19

PS 写真は皐月賞当日の「スーパー競馬」
(フジテレビ)より。井崎脩五郎が写真の
通り、ズバリ的中。よく当てたよな・・・。

皐月賞結果

【皐月賞】「飛ぶような走り」ディープインパクト、17頭抜き1冠!

【皐月賞】「次は安心して見ていられる」池江郎師

【皐月賞】シックスセンス、12番人気で2着

【皐月賞】アドマイヤジャパン、3着「次がある」

【皐月賞】マイネルレコルト、「最高のレース」も4着

【皐月賞】デムーロ騎手、V3ならず12着
posted by FUKUHIRO at 22:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

皐月賞予想

◎〔5〕ヴァーミリアン
○〔4〕コンゴウリキシオー
▲〔13〕ローゼンクロイツ
△〔1〕アドマイヤフジ
△〔3〕マイネルレコルト
△〔12〕タガノデンジャラス
△〔14〕ディープインパクト
△〔16〕アドマイヤジャパン

【馬連】4―5 5―13 1―5 3―5
    5―12 5―14 5―16

いくらなんでもディープインパクトは人気になりすぎ。
ディープインパクトは日本ダービーを目標にしてると
思う。

今回の本命はヴァーミリアン。前走のフジテレビ賞
スプリングステークスの惨敗は出遅れによるもの。
度外視してもいい。ラジオたんぱ杯2歳ステークス
王者は伊達じゃない。鞍上のデムーロも3年連続連対中
と心強い。

第65回皐月賞(GT)枠順
posted by FUKUHIRO at 14:22| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜花賞を振り返る

予想は▲−◎で的中しました。
でも、PAT口座に入金していなかった為、
買えませんでした。馬連12倍・馬単25倍。
両方GETできていたと思うと悔しいです。

さて、レース回顧をしましょう。

福永祐一騎乗のラインクラフトが快勝した。
騎手時代に桜花賞を4回制覇した河内洋調教師
の「位置取りは気にせず、馬任せにした方が
よい。」というアドバイス通りに騎乗。これが
実を結び、2度目の桜花賞制覇となった。

2着のシーザリオは途中で後方に下がって
しまった。最終的にはラインクラフトに
詰め寄ったが、惜しかった。オークス馬最有力
候補だと思う。

桜花賞結果

【桜花賞】ユーイチ会心の騎乗!ラインが桜の女王戴冠

【桜花賞】吉田稔“無念”…シーザリオ猛追及ばず2着

【桜花賞】大健闘!10番人気デアリングハート3着

【桜花賞】スタート合わず…エアメサイア4着が精一杯
posted by FUKUHIRO at 01:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

桜花賞予想

◎〔7〕シーザリオ
○〔8〕エイシンテンダー
▲〔17〕ラインクラフト
△〔11〕ライラプス
△〔14〕アンブロワーズ
△〔15〕エアメサイア

【馬連】7−8 7−17 7−11
    7−14 7−15

デビュー以降1600m以上で走らせ、
3戦全勝のシーザリオが本命。
スタミナは出場18頭中NO1だと思う。

第65回 桜花賞(GI)枠順
posted by FUKUHIRO at 01:41| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(4) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高松宮記念を振り返る

優勝のアドマイヤマックスは武豊との相性、
左回りコースの適性がバッチリだった。
なかなかGTが勝てなかったが、これで
本格化か?

◎プレシャスカフェは3着。スタートの
出遅れが響いてしまった。

16着のメイショウボーラーは芝に適性が
ないことが大敗の原因である。

第35回 高松宮記念(GI)成績

圧倒!マックスG1初V/高松宮記念

武豊、中京G1も制した/高松宮記念

2着キーンランド1歩前進/高松宮記念

馬場悪い…プレシャス3着/高松宮記念

4角でいっぱいライトオ4着/高松宮記念

ボーラーまさかの失速16着/高松宮記念
posted by FUKUHIRO at 01:03| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

高松宮記念予想

◎〔12〕プレシャスカフェ
○〔18〕アドマイヤマックス
▲〔1〕スリージェム
△〔5〕ゴールデンロドリゴ
△〔7〕メイショウボーラー
△〔13〕カルストンライトオ

【馬連】
12−18 1−12 5−12 7−12 12−13

フェブラリーステークスの総括をしたときに私は、

メイショウボーラーの次走はおそらく高松宮記念だと思われるが、
この走りだとG1連覇はほぼ間違いないだろう。


と書いたが、芝コースの成績があまりよろしくない。
特に左回りの芝コースに至っては3着1回・4着以下

2回とあまり振るわない。よって△の評価。

本命はプレシャスカフェ。芝1200m4戦全勝、
なおかつ高松宮記念と同じ中京1200mで行われた
CBC賞を勝っているので自信の
大本命である。

大穴の匂いがするのは、スリージェム。ダートの実績は
あるが血統的に見ても芝の方が向いている気がする。
しかも、武幸四郎が騎乗。とても匂う。

高松宮記念の枠順
posted by FUKUHIRO at 14:32| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。