2005年03月27日

お疲れ様、岡部さん

keiba17

keiba18

JRAの岡部幸雄騎手(写真1枚目)が10日付で
騎手免許を返上し、引退した。

9日発行の東京スポーツのスクープによって明らかに
なった。(写真2枚目)

岡部さんは2月20日の東京競馬場での騎乗後、休養に
入っていたが体力の限界を感じ引退に踏み切った。
痛み止めの注射を打って騎乗していたという。

騎手生活38年、通算騎乗18646回、通算勝利
2943勝は前人未到の大記録。岡部さんの功績は後世
に語られていくことだろう。

なお、引退セレモニーは20日に中山競馬場で行われた。
同日の最終レースには「岡部幸雄騎手引退記念」という
レースが行われた。

岡部さん、38年間お疲れ様でした!

〜岡部幸雄騎手特別サイト〜【JRAホームページ】

さらば岡部 ついに引退…

名騎手岡部 笑顔で…さよなら

岡部元騎手がテレビに生出演「びっくりした」

20日の中山12Rで岡部氏から記念品

岡部、岡部、岡部…ありがとう岡部騎手、2万人セレモニー

【岡部幸雄騎手引退記念】アルビレオがメモリアル飾る
posted by FUKUHIRO at 02:43| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(5) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

JRA騎手・石神逮捕

keiba16

JRA美浦トレーニングセンター所属の騎手・石神深一(写真)
が2月24日に道路交通法違反で逮捕された。
石神は茨城県内を走行中に駐在所に衝突、警官の職務質問に酒気
帯びを認めた。

DA PUMPのSHINOBU逮捕の時も書いたが、なぜ
飲んでいるのに車を運転するのか理解できない。

猛省せよ!

石神が飲酒事故で逮捕、騎乗停止

騎手 石神深一の騎乗停止について【JRAホームページより】
posted by FUKUHIRO at 00:10| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

フェブラリーステークスを振り返る

◎アドマイヤドンがまさかの出遅れで5着。名手・安藤勝巳
でも出遅れは頭になかったと思う。
優勝したメイショウボーラーは逃げまくってレコードタイム
での快勝。府中の直線は長いのに、よく持ちこたえたと思う。
メイショウボーラーの次走はおそらく高松宮記念だと思われるが、
この走りだとG1連覇はほぼ間違いないだろう。

【フェブラリーS】新ダート王誕生!ボーラー逃げ切りV

【フェブラリーS】アドマイヤドン出遅れ響き5着

【フェブラリーS】タイムパラドックス4着も収穫あり

【フェブラリーS】戦い終わって一言
posted by FUKUHIRO at 18:54| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

フェブラリーステークス予想

2005年1発目のGTレース。絶対に当てたいです。

◎〔3〕アドマイヤドン
○〔6〕タイムパラドックス
▲〔7〕シーキングザダイヤ
★〔2〕ヘヴンリーロマンス
△〔11〕ピットファイター
△〔12〕ハードクリスタル

【枠連】2−4 2−2 2−6 2−7

ここは過去の実績からいって、アドマイヤドンが本命。
メイショウボーラーはダートの経験が少なすぎるので、
ノーマーク。

フェブラリーステークスの枠順
posted by FUKUHIRO at 14:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

東西金杯を振り返る

≪日刊スポーツ賞中山金杯≫
休養明けのクラフトワークが「快心の勝利」(横山典弘:談)
を挙げた。2着のマイネヌーヴェル、3着のキーボランチも
含め、馬券にからんだ3頭は中山の実績があった。

≪スポーツニッポン賞京都金杯≫
2連勝中のハットトリックが単勝1.6倍の圧倒的人気に応え
圧勝。スタートから4コーナーまでは後方だったが、
4コーナーを回ってからの爆発力が他馬と全然違った。まさに
圧勝だった。

第54回日刊スポーツ賞中山金杯(GV)成績

第43回スポーツニッポン賞京都金杯(GV)成績

【中山金杯】クラフトワーク、打倒ロブロイへV発進!

【中山金杯】紅一点マイネヌーヴェル2着

【中山金杯】キーボランチ、伏兵3着

【中山金杯】56歳・岡部騎手、3年ぶり正月競馬

【中山金杯】戦い終わってひと言…


【京都金杯】ハットトリック、6戦5勝の新星


【京都金杯】ダイワエルシエーロ、直線伸びず9着

【京都金杯】戦い終わってひと言…
posted by FUKUHIRO at 21:28| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

東西金杯予想

競馬ファン共通の言葉があります。

「1年の計は金杯にあり」

金杯を当てていい1年にしたいものですね。
では、予想を。

≪日刊スポーツ賞中山金杯≫
◎〔9〕マイネヌーヴェル
○〔13〕カナハラドラゴン
▲〔2〕エイシンチャンプ
△〔7〕アサカディフィート
△〔8〕キーボランチ
△〔12〕クラフトワーク
【馬連】9−13 2−9 7−9 8−9 9−12

軽ハンデ・中山実績があるマイネヌーヴェル
を本命に。

≪スポーツニッポン賞京都金杯≫
◎〔2〕ハットトリック
○〔7〕ダイワエルシエーロ
▲〔4〕イシノミューズ
△〔8〕ナイトフライヤー
△〔10〕アルビレオ
△〔12〕キネティクス
【馬連】2−7 2−4 2−8 2−10 2−12

京都実績・芝1600m実績があるマイネヌーヴェル
を本命に。

日刊スポーツ賞中山金杯の枠順

スポーツニッポン賞京都金杯の枠順
posted by FUKUHIRO at 10:25| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(11) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

東京大賞典を振り返る

レース当日は雪が降る最悪のコンディションだった。

船橋所属のアジュディミツオーが最初から逃げ切り、
JRAや他の地方馬をねじ伏せた。

◎カフェオリンポスは12着。スタートの出遅れが
響いた。

東京大賞典の全着順

東京大賞典(交流G1)レース結果

【東京大賞典】アジュディミツオ−、雪の道中独り旅

【東京大賞典】1番人気・タイムパラドックス4着

【東京大賞典】ユ−トピア2着、完敗に陣営サバサバ

【東京大賞典】戦い終えてひと言
posted by FUKUHIRO at 00:28| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

東京大賞典予想

”ダート版・有馬記念”東京大賞典が本日、
大井競馬場で行われます。そちらの予想を。

◎〔6〕カフェオリンポス
○〔10〕タイムパラドックス
▲〔13〕アジュディミツオー
△〔1〕トーシンブリザード
△〔7〕コアレスハンター
△〔11〕ユートピア

ジャパンダートダービー王者のカフェオリンポス
を本命に抜擢。
相手はジャパンカップダート王者のタイムパラドックス。

第50回 東京大賞典の枠順
posted by FUKUHIRO at 13:56| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有馬記念を振り返る

ゼンノロブロイ&ペリエの横綱相撲。しかも、
2分29秒5のレコード決着だった。

ゼンノロブロイは、天皇賞(秋)&ジャパン
カップの激走の疲労があまり感じられなかった。
ペリエの3連覇にはただただアッパレである。

◎デルタブルースは5着。何とか掲示板は確保
したが、馬体重18キロ増がこたえたのか?

○アドマイヤドンは7着。大外枠(15番)と
いう不運に泣いた。

▲ヒシミラクルは14着。角田は「中山は不向き。」
と言っているが、どうかと思う。やはり年齢か?

△タップダンスシチーは2着。スタートからの
逃げは普段の戦法通り。とても惜しかった。
チョット距離が長いのかもしれない。

最後に11着のコスモバルクについて。
五十嵐曰く、「ムチを入れても無反応だった。」
とのこと。ジャパンカップで燃え尽きてしまった
のだろうか・・・。

第49回有馬記念(GI)成績

【有馬記念】ゼンノロブロイ、王道・3冠!!

【有馬記念】ロブロイ、クリスエスを超える

【有馬記念】タップダンスシチー、逃げて悔いなし2着

【有馬記念】コスモバルク、9番手からの競馬で11着

【有馬記念】3着・シルク、4着ダイタク

【有馬記念】5着・デルタ、6着・ハイヤー

【有馬記念】戦い終わってひと言

【レース回顧】ゼンノロブロイがG1・3連勝でグランプリ制覇!
posted by FUKUHIRO at 13:21| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

有馬記念予想

◎〔10〕デルタブルース
○〔15〕アドマイヤドン
▲〔11〕ヒシミラクル
△〔9〕タップダンスシチー

【馬連】
10−15 10−11 9−10 11−15
9−15 9−11

泣いても笑っても中央のラストGIですよ!
絶対に当てたい!!

今回は上記4頭のBOXで勝負。
ゼンノロブロイとコスモバルクは消し!
理由は、

<ゼンノロブロイ>
(1)有馬記念3連覇騎手はナシ
(2)有馬記念3連覇厩舎もナシ
(3)有馬記念3頭出走の成功例ナシ
<コスモバルク>
テレビで調教を見たところ、かなり馬体が細く
見えた。

以上の理由により、消し!!

第49回有馬記念の枠順
posted by FUKUHIRO at 10:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(15) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山大障害を振り返る

春の中山グランドジャンプ2着のメルシータカオー
が春の雪辱を果たした。

スタートから逃げ粘って先頭のままゴール。レコード
にわずか0秒4差の4分37秒6のタイム。逃げ切り
のレースほど気持ちいいものはない。

◎ロードプリヴェイルは5着。やはり中山初出走が
こたえたのかもしれない。一応掲示板に載ったので、
次の中山グランドジャンプは期待していいだろう。

第127回中山大障害(GI)

【中山大障害】メルシータカオー、逃げ切りV
posted by FUKUHIRO at 09:56| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

中山大障害予想

障害レースにも2つのG1レースがあります。
春の中山グランドジャンプと冬の中山大障害
です。本日、中山大障害が行われます。その
予想を。

◎〔4〕ロードプリヴェイル
○〔13〕メジロオーモンド
▲〔1〕マイネルオーバー
△〔3〕メジロライデン
△〔9〕メルシータカオー
△〔11〕テレジェニック
【馬連】
4−13 1−4 3−4 4−9 4−11

重賞3連勝中のロードプリヴェイルで鉄板。
相手は中山の実績があるメジロオーモンド。

第127回中山大障害(GI)の枠順
posted by FUKUHIRO at 13:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(6) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

朝日杯フューチュリティステークスを振り返る

1着=マイネルレコルト(新潟2歳ステークス優勝)
2着=ストーミーカフェ(札幌2歳ステークス優勝)
3着=ペールギュント(デイリー杯2歳ステークス優勝)
と重賞ウイナーが揃った結果となった。

マイネルレコルトは3コーナーから先頭に立ち、
グイグイとばして1分33秒4のレコード勝ち。
後藤騎手の好騎乗が光った。

ストーミーカフェはスタートから前のほうだった
が、マイネルレコルトの脚力に一歩及ばなかった。

私の◎、ペールギュントは前の2頭がズバ抜けて
いたため3着がやっと。皐月賞までたっぷり時間
があるので、建て直しは十分可能だ。

第56回朝日杯フューチュリティステークス(GI)成績

【朝日杯FS】マイネルレコルト、レコードV!!

【朝日杯FS】ストーミーカフェ、2馬身差2着

【朝日杯FS】戦い終わってひと言…
posted by FUKUHIRO at 15:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

朝日杯フューチュリティステークス予想

◎〔2〕ペールギュント
○〔3〕テイエムヒットベ
▲〔7〕マイネルレコルト
△〔8〕ストーミーカフェ
△〔9〕シルクネクサス
△〔15〕ディープサマー
【馬連】
2−3 2−7 2−8 2−9 2−15

重賞の成績と1600mの成績が安定している
ペールギュントを本命に抜擢。
先物買いでテイエムヒットベを対抗に。

第56回朝日杯フューチュリティステークスの枠順
posted by FUKUHIRO at 22:10| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(32) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大井競馬、禁止薬物検出でレース中止

10日に最終日のレースが行われる予定だった
大井競馬は禁止薬物カフェインとテオブロミン
が含まれたエサを食べた63頭の競走馬が出走
予定だった為、公正確保の為中止となった。

コンピュータートラブルでの中止はあるが、
禁止薬物検出による中止は初めて。

また、JRAの美浦トレセンでも44頭の
競走馬がこのエサを食べていたが、検査の結果
陰性だったことがわかった。

なお、大井競馬側は記者会見でレース中止の
損害は8億円になり、損害賠償請求も起こす
予定と言う。

また、エサの販売元の日本全薬工業は混入経路
について現在調査中とのコメントを発表した。

どうしてこんなことになったのか。一日も早い
全容解明を切に願う。

大井競馬が禁止薬物で10日の開催中止

<大井競馬場>競走馬の禁止薬物問題で11レースすべて中止

<JRA>禁止薬物 今週末出走予定の44頭も検査

禁止薬物 美浦流通も中央馬セーフ

大井競馬の開催中止は「適切」=島村農水相

大井競馬「損害賠償請求も」

平成16年12月10日の開催取り止めについて(大井競馬ホームページ)

「軽種馬用総合栄養ミネラル・塩」に関する情報(日本全薬工業ホームページ)
posted by FUKUHIRO at 21:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(13) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

デムーロが変だ

現在、JRAに短期免許で騎乗しているミルコ・デムーロ
様子が変なのだ。

KAZさんのブログによると、
11月27日から12月5日までに29回騎乗して
18回も出遅れていると言うのだ。率にして62%!!

愕然としてしまった。一体、デムーロに何があった
のか?「スタージョッキーのスランプ」と片付けて
はならないような気がする。
posted by FUKUHIRO at 13:54| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神ジュベナイルフィリーズを振り返る

今回は関東馬のワンツーフィニッシュとなった。

勝ったショウナンパントルは新潟2歳ステークス・
デイリー杯2歳ステークス、2着のアンブロワーズ
は函館2歳ステークスで牡馬と戦っているため、
勝負根性がついているがための1・2着であろう。

3着に敗れた圧倒的1番人気のラインクラフトは、
牝馬限定戦のみの出走と1600m未経験の差が
出てしまったのだと思う。

私の◎、エリモファイナルは9着。最後で見せ場
を作ったが、この馬に1600mは短いと思う。
桜花賞よりオークスのほうが狙える馬である。

第56回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)成績

【阪神JF】吉田ユタカ、アタマ抜けてショウナン女王

【阪神JF】断然人気もラインクラフト弾けず3着

【阪神JF】アンブロワーズ「1番強い」2着

【阪神JF】レースを終えて…ジョッキーは語る
posted by FUKUHIRO at 11:50| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(11) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

阪神ジュベナイルフィリーズ予想

◎〔2〕エリモファイナル
○〔17〕ライラプス
▲〔14〕デアリングハート
△〔3〕ラインクラフト
△〔10〕ジェダイト
△〔12〕リヴァプール
【馬連】
2−17 2−14 2−3 2−10 2−12

出走18頭中、唯一2000mまで経験している
エリモファイナルを本命に。血統も文句無し。
1400mまでしか経験していない圧倒的な1番
人気のラインクラフトは△。

第56回阪神ジュベナイルフィリーズの枠順
posted by FUKUHIRO at 03:12| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(7) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

ジャパンカップ&ジャパンカップダートを振り返る

≪ジャパンカップ≫
またしても、ペリエ・ルメールのワンツー
フィニッシュとなった。

ゼンノロブロイは天皇賞(秋)に続いての
横綱相撲。2年連続3着で苦杯続きのペリエ
&藤沢和雄調教師の執念が実ったものであろう。

2着のコスモバルクは五十嵐冬樹からルメール
への騎手のチェンジではなく馬の成長によるもの
だろう。

3着のデルタブルースは馬体重の14キロ減が
響いたのではなかろうか。惜しい敗戦である。

外国馬最有力候補のパワーズコートは11着。
私の目には引退直前のヒシアケボノ
のように見え、明らかに太すぎの馬体。

≪ジャパンカップダート≫
アドマイヤドンがまさかの2着。JBCクラシック
の時とまるっきり違った。馬体重の8キロ増も
響いたと思うが、よくわからない敗戦である。
次走の有馬記念で引退となるが、巻き返しは
なるだろうか?

勝ったタイムパラドックスはアドマイヤドンの
ように外で走っていたのではなく、内でずっと
走っていたことが勝利の要因。武豊の作戦が
ズバリ的中した。

結局、松田博資調教師のワンツーフィニッシュ
だったが松田師はアドマイヤドンの敗戦に、
相当ショックを受けていたようだ。

第24回ジャパンカップ(GI)成績

第5回ジャパンカップダート(GI)成績

【JC】藤沢和師、悲願達成!ゼンノロブロイ世界制覇!

【JC】持ち味の二枚腰!バルク折り合い克服し2着

【JCダート】タイムパラドックス抜け出しGI初V

「ジャパンC」など総括。(ターザンカフェ)
posted by FUKUHIRO at 13:14| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

ジャパンカップ&ジャパンカップダート予想

≪ジャパンカップ≫
◎〔7〕デルタブルース
○〔9〕ゼンノロブロイ
▲〔15〕パワーズコート
△〔8〕エルノヴァ
△〔12〕ハイアーゲーム
△〔14〕ホオキパウェーブ
【馬連】
7−9 7−15 7−8 7−12 7−14

菊花賞王者デルタブルースを本命に抜擢。
菊花賞勝利はまぐれとはどうしても思えない。
岩田康誠に出来て安藤勝巳に出来ないわけがない。
天皇賞王者のゼンノロブロイを対抗に。

≪ジャパンカップダート≫
◎〔10〕アドマイヤドン
○〔9〕ハードクリスタル
▲〔11〕トータルインパクト
△〔4〕ジンクライシス
△〔6〕イーグルカフェ
△〔14〕タイムパラドックス
【馬連】
9−10 10−11 4−10 6−10 10−14

アドマイヤドンで鉄板。
もう何も言うことはない。素直に本命に抜擢。
上がり馬のハードクリスタルを対抗に。

今年は安藤勝巳がダブルゲットだぜ!!

第24回ジャパンC・第5回ジャパンCダートの枠順
posted by FUKUHIRO at 16:09| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(58) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。