2004年11月27日

マイルチャンピオンシップを振り返る

伊豆での仕事の疲労が抜けなかった為、予想を掲載
出来ませんでした。一応帰りの電車で下記のように
予想をしました。

◎〔5〕ファインモーション
○〔7〕デュランダル
▲〔12〕アドマイヤマックス
△〔3〕ラクティ
△〔4〕マイネルソロモン
△〔11〕メイショウボーラー

結果は、デュランダル&池添の2連覇となった。
デュランダルは最終コーナーで大外に回る好位置に
なって他馬をナデ斬り。アッパレ!の一言である。

2着のダンスインザムードはまたも中1週で惜敗。
タフなのだが、またも惜しい敗戦となった。「女版
ステイゴールド」と言ったところだろう。

ファインモーションは休養明けと全体的にかかって
しまったのが要因となり、9着と惨敗。この敗戦は
首を傾げたくなる。

ラクティはスタートの出遅れが大誤算となり14着
になり、惨敗した。

第29回 エリザベス女王杯(GI)成績

【マイルCS】デュランダル連覇、2馬身差で完勝!!

【マイルCS】ダンスインザムード、「残念」2着

【マイルCS】テレグノシス、横山典称賛の3着

【マイルCS】武・ファインモーション…9着惨敗

【マイルCS】ラクティ、痛恨スタート失敗…14着惨敗

【マイルCS】戦い終わって…

【マイルCS】吉田代表歓喜!!

【マイルCS】戦い終わってアラカルト

「マイルCS」総括。(ターザンカフェ)
posted by FUKUHIRO at 12:57| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯を振り返る

まさかまさかのアドマイヤグルーヴ連覇&
武豊の4連覇であった。

天皇賞(秋)から中1週ではキツイと思った
のだが、このレースでは最終4コーナーを
回ってから、逃げ粘るオースミハルカを差す
圧勝。馬体重の増減無しと武豊の好騎乗も
勝利の要因と言えよう。

オースミハルカは惜しい2着。重賞2連勝中
だっただけに非常に惜しかった。

3着のエルノヴァは末脚の走りが不発。残念
でならない。

5着のスイープトウショウは〔1〕秋華賞が
MAXの馬体〔2〕ゲートインを嫌う〔3〕
スタートの出遅れの三重苦が響いた。

第29回 エリザベス女王杯(GI)成績

【エリザベス女王杯】グルーヴV2!牝馬のレベル突き抜ける

【エリザベス女王杯】秋華賞とは別馬、スイープ5着

【エリザベス女王杯】川島・ハルカ、納得の2着

【エリザベス女王杯】スティルインラブ、9着…引退も

【エリザベス女王杯】戦い終わってひと言…

【エリザベス女王杯】戦い終わってアラカルト

「エリザベス女王杯」総括。(ターザンカフェ)
posted by FUKUHIRO at 11:12| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

エリザベス女王杯予想

◎〔17〕エルノヴァ
○〔7〕スイープトウショウ
▲〔16〕ウォートルベリー
△〔6〕レクレドール
△〔12〕アドマイヤグルーヴ
△〔15〕スティルインラブ

【馬連】
7−17
16−17
6−17
12−17
15−17

長距離実績の良さ&ペリエ騎乗のエルノヴァを
本命に。秋華賞優勝のスイープトウショウが対抗。
要注目の馬はフランスから遠征のウォートルベリー。
posted by FUKUHIRO at 05:48| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(10) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JBCスプリント&クラシックを振り返る

3日に大井競馬場で行われたJBCスプリント&
クラシックの結果。

【JBCスプリント】
昨年2着のマイネルセレクトが雪辱を果たした。
やはり、東京盃制覇は伊達じゃなかった。
アグネスウイングは2着になったものの、
マイネルセレクトと2馬身1/2の差。厚い壁に
なった。
ヒカリジルコニアはスタートの出遅れが響き、
7着に終わった。

【JBCクラシック】
アドマイヤドンの3連覇。もう日本には敵が
いないのではないか?しかし、強かった。
今後はジャパンカップダート→有馬記念の
ローテーションを進むと言う。

JBCスプリントはセレクト楽勝

ドン レコードで3連覇〜JBCクラシック

JBCスプリント・クラシックの結果

2004年11月3日(水)大井第10競走 ダート1200m 農林水産大臣賞典 第4回 JBCスプリントGI

2004年11月3日(水)大井第11競走 ダート2000m 農林水産大臣賞典 第4回 JBCクラシックGI
posted by FUKUHIRO at 05:13| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

JBCスプリント&クラシック予想

日本版ブリーダーズカップ、JBCスプリント
(ダート1200m)とJBCクラシック
(ダート2000m)が本日、大井競馬場で
行われます。

私の予想は・・・

<JBCスプリント>
◎〔8〕マイネルセレクト
○〔9〕アグネスウイング
▲〔1〕ヒカリジルコニア
△〔5〕ディバインシルバー
△〔6〕シャドウスケイプ

【3連複】
1−8−9
5−8−9
6−8−9

昨年2着のマイネルセレクトが本命。
前走の東京盃を勝っているだけに、
問題なしでしょう。
対抗のアグネスウイングは現在、
4連勝中の上がり馬。前走のシリウス
ステークスで重賞勝ち。一気にG1
ゲットと行けるかどうか。
3番手のヒカリジルコニアは1200m
の実績と吉田稔騎手との相性の良さから
抜擢。

<JBCクラシック>
◎〔7〕アドマイヤドン
○〔3〕ナイキアディライト
▲〔5〕シャコーオープン
△〔2〕ユートピア
△〔6〕アジュディミツオー
△〔8〕タイムパラドックス

【3連複】
3−5−7
2−3−7
3−6−7
3−7−8

アドマイヤドン鉄板です。
前走の南部杯の2着はユートピアの
逃げ切りで差せなかったもの。
3連覇は間違いないと思います。
対抗は船橋のナイキアディライト。
前々走の帝王賞はアドマイヤドンに
鼻差の2着。リベンジできるなら
ここしかないでしょう。
3番手のシャコーオープンは4連勝
中の勢いを買って抜擢。

どちらのレースも堅そうなので、
今回は3連複で予想します。

JBC特集(地方競馬情報サイト)

第4回JBCスプリント枠順

第4回JBCクラシック枠順
posted by FUKUHIRO at 02:05| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(11) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

天皇賞・秋を振り返る

またしてもペリエが勝っちゃいました。
しかもまだ短期免許2日目。年内いっぱいは
日本で騎乗するとのこと。稼ぎまくるのね。

ゼンノロブロイはあの戦法でよかったと
思いますよ。ペリエは昨年の菊花賞(4着)
を悔いているようだが、ロブロイには
3000mが長すぎると思います。昨日の
ような2000mがベストだと思います。

2頭だけ出走していた牝馬はダンスインザ
ムードが2着、アドマイヤグルーヴが3着と
大健闘。特にダンスインザムードは秋華賞の
ように大汗をかいていなかったので2着を
確保できたのではないかと思います。

シルクフェイマスとリンカーンは痩せすぎで
惨敗。休養明けのハード調教+長距離輸送が
こたえたのかもしれません。

しかし、予想が当たらないよな・・・。

【天皇賞・秋】ペリエ連覇!ロブロイ初GI!!

【天皇賞・秋】3歳牝馬、67年振りの連対!

【天皇賞・秋】戦い終わってひと言

第130回 天皇賞(秋)(GI)成績
posted by FUKUHIRO at 21:22| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(16) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

天皇賞・秋予想

◎〔13〕ゼンノロブロイ
○〔12〕シルクフェイマス
▲〔3〕シェルゲーム
△〔10〕ローエングリン
△〔11〕ナリタセンチュリー
△〔15〕バランスオブゲーム
△〔16〕リンカーン

【馬連】
12−13
3−13
10−13
11−13
13−15
13−16

今回予想した馬は重馬場もしくは東京コースの
実績のある馬ばかりです。

本命はゼンノロブロイ。いまだGT勝ちは
ありませんが堅実で重馬場・東京コースの実績
もあり、なおかつペリエが騎乗なら鬼に金棒
でしょう。

対抗はこちらも堅実なシルクフェイマス。少々
休み明けってのが不安ですが・・・。

3番手のシェルゲームは前走の毎日王冠以外は
堅実であり、重馬場・東京コース・2000m
の実績もあり、しかもシェルゲームの兄が
2001年の天皇賞・秋王者のアグネス
デジタル。血統面でも要注目です。

人気になっているテレグノシスとツルマル
ボーイは重馬場実績が無いため、ノーマーク。

第130回天皇賞(秋)の枠順
posted by FUKUHIRO at 02:31| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(26) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

ライブドア、競馬に参入

keiba14

プロ野球の新規参入やテレビ東京の買収などの
計画があるライブドアが今度は地方競馬を再建
する計画が浮上した。

再建場所は群馬県の高崎競馬。高崎競馬は今年中で
廃止になることを群馬県の小寺知事が9月に
表明している。

実は競馬法の改正により、来年1月から
馬券の販売が民間への委託が可能になる為に
参入が明らかになった。

ライブドアの堀江貴文社長は11月10日に
小寺知事に会って高崎競馬の廃止撤回と再建
を伝えると言う。

また、岩手県競馬組合がライブドアに馬券の
販売委託を打診していることも明らかになった。

堀江社長には地方競馬の灯が消えないように、
頑張ってもらいたい。

年内廃止予定の高崎競馬 ライブドアが参入計画

ライブドア高崎競馬参入計画 「赤字埋められるのか」県など実現疑問視

ライブドア高崎競馬参入計画 関係者、複雑な心境吐露−−境町で集会

岩手競馬、ライブドアに馬券販売打診
posted by FUKUHIRO at 14:48| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(17) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

菊花賞を振り返る

公営・園田所属の岩田康誠騎手騎乗のデルタブルース
が勝ち、大荒れになりました。
豊富な長距離経験と先行策が吉となり、見事に優勝と
なりました。岩田騎手・角居調教師・各スタッフの
皆さん・デルタブルースに心から「おめでとう!」と
言いたいと思います。

私の本命のハーツクライは7着。ゲートイン直前に
テレビで見たところ、大汗をかいていたので
「これでは勝てない。」と思っていた所、その通りに
なってしまいました。これといって他に理由は
見当たらないですね。

道営の星・コスモバルクは4着。日本ダービーと同様
に先に行ってしまったので「また大敗か?」と
思いましたが、なんとか4着に粘ってくれました。
成長が十二分にあったと思います。

【菊花賞】やったぜ岩田!びっくりデルタ!!

【菊花賞】がっくりバルク、ハナ切り4着に沈む

【菊花賞】ばったりハーツ、まさかの7着

【菊花賞】戦い終わってひと言

第65回 菊花賞(GI)成績
posted by FUKUHIRO at 21:57| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(17) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングカメハメハ、引退決定

22日も書いたが、キングカメハメハの引退が
決定した。総額21億円のシンジケート
が組まれ、来年春から種牡馬になること
が決まった。

キングカメハメハ、お疲れ様!

キングカメハメハ、現役引退が決定

キンカメは27日に栗東に別れ、社台Sで新生活
posted by FUKUHIRO at 21:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

菊花賞予想

◎〔10〕ハーツクライ
○〔5〕ホウキパウェーブ
▲〔14〕ハイアーゲーム
△〔1〕オペラシチー
△〔4〕スズカマンボ
△〔15〕コスモバルク
△〔18〕デルタブルース

【馬連】
5−10
10−14
1−10
4−10
10−15
10−18

本命はハーツクライ。
長い距離も京都コースも実績があり、
キングカメハメハがいないであれば断然の
優勝候補と見ました。

ホウキパウェーブ・ハイアーゲーム・
オペラシチー・スズカマンボ・
デルタブルースの5頭は血統的に
こなせるのではないかと抜擢しました。

コスモバルクは一応△を打ちましたが、
日本ダービーが8着であるように、長い距離
は向いていないと思います。

第65回菊花賞の枠順
posted by FUKUHIRO at 00:58| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(43) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

キングカメハメハ天皇賞出走回避→引退か?

keiba13

今年のNHKマイルカップと日本ダービーの
優勝馬で、10月31日の天皇賞(秋)の
優勝候補だったキングカメハメハ(写真)が、
右前浅屈腱炎のため天皇賞(秋)の出走を
断念した。

検査の結果次第で引退も考えられるという。

カメハメハ天皇賞断念


posted by FUKUHIRO at 17:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(16) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋華賞を振り返る

優勝したスイープトウショウの末脚に
驚かされました。4コーナー付近は、
まだ後方だっただけにただただ驚き
です。

私の本命のレクレドールは6着。
末脚はあったのですが、スイープ
トウショウとちょっと差がありすぎ
ました。

4着のダンスインザムードは早く行き
過ぎていた感があります。スイープ
トウショウのようにためておいて最後
に爆発する競馬を覚えてもらわないと
今後はかなり厳しいと思います。

【秋華賞】スイープトウショウ、春2冠の無念晴らす

第9回秋華賞(GI)成績
posted by FUKUHIRO at 10:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(8) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

秋華賞予想

◎〔15〕レクレドール
○〔11〕スイープトウショウ
▲〔6〕グローリアスデイズ
△〔8〕ヒカルドウキセイ
△〔13〕バレエブラン
△〔16〕ヤマニンシュクル

【馬連】
11−15
6−15
8−15
13−15
15−16

オークス馬・ダイワエルシエーロの出走回避によって
混線ムードかと思いきや、ダンスインザムードの
一本かぶりになっている秋華賞。

ですがダンスインザムードのオークスの謎の4着、
アメリカ遠征での格下に負けたレース、トライアル
を一切使わずに秋華賞に直行と解せないものばかり
です。このため秋華賞の予想ではダンスインザムード
を無印にしました。

今回の本命はレクレドール。トライアルレースの
ローズステークスを勝っているだけにG1ゲットは
ほぼ間違いないでしょう。小牧太騎手のG1初勝利
も期待大です。

対抗はスイープトウショウ。京都コース3戦全勝と
いう得意としているだけに逆転の可能性もありだと
思います。

穴ムードのグローリアスデイズ、ヒカルドウキセイ、
バレエブラン、成績安定のヤマニンシュクルまでを
予想に抜擢します。

第9回秋華賞の枠順
posted by FUKUHIRO at 11:24| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(30) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

凱旋門賞結果

3日にフランス・ロンシャン競馬場で行われた
第83回凱旋門賞。日本からはタップダンス
シチーが参戦したが、19頭中17着と惨敗に
終わった。

実は飛行機のトラブルでいったんは断念したが
最終的に出走を決断→レース2日前に輸送の
強行軍で挑んだが、惨敗だった。

こういう結果に終わるのであれば、辞退した
ままで良かったのではないか?と思うのは私
だけだろうか。

タップ不運…輸送機故障で凱旋門賞断念

タップ急転! 凱旋門賞強行出走へ

タップ惨敗、直線力尽き17着/凱旋門賞
posted by FUKUHIRO at 01:34| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプリンターズステークスを振り返る

予想外でした。どしゃ降りで不良馬場なんて。
うーん、お天道様の意地悪!

カルストンライトオの逃げ切りに圧倒して
しまいました。大西騎手はサニーブライアンで
勝った皐月賞・日本ダービー以来のGT勝利。
おめでとうございました。

私の本命、キーンランドスワンは6着。不良
馬場がこたえたと思いますが、よく頑張り
ました。もう少し馬場が良ければ上位は間違い
なかったのですが。

対抗のサニングデールは9着。最後の直線の
不利がすべてですね。残念です。

外国馬で3着に入った香港からの遠征馬ケープ
オブグッドホープにはお見事の一言です。以前
安田記念やジャパンカップに香港からの遠征馬
が入着しているので、今後も香港からの遠征馬
には要注目です。

今回のレースは最悪の不良馬場。レース後の
大多数の騎手のコメントが異口同音に「馬場が
こたえた。」と言っているのが印象的でした。

ライトオ4馬身独走V/スプリンターズS

第38回スプリンターズステークス(GI)成績

PS イチローの背番号が「51」。今回の馬単
が5−1。これって偶然?
posted by FUKUHIRO at 01:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月03日

スプリンターズステークス予想

◎〔14〕キーンランドスワン
○〔3〕サニングデール
▲〔15〕シルキーラグーン
△〔1〕デュランダル
△〔4〕ナムラビックタイム
△〔7〕カフェボストニアン
△〔12〕ケープオブグッドホープ

【3連複】
3−14−15
1−3−14
3−4−14
3−7−14
3−12−14

さあ、秋冬のGTシリーズの開幕です。
スプリンターズステークスの予想です。

中山の実績がない馬はほとんど消しました。
本命はキーンランドスワン。
休み明けの前走のセントウルステークス2着
と好走してるだけにチャンスと言っていい
でしょう。四位騎手との相性もいいですし、
中山は2着が1回あるので大丈夫でしょう。

問題は3頭出走している外国馬。
成績が安定しているケープオブグッドホープ
のみ逆転のチャンスありだと見ました。
アシュダウンエクスプレスとフェアジャグの
2頭ですが、JRAの騎手を確保しましたが
厳しいと思います。

今回は本命と対抗から流した3連複5点で
勝負です。

第38回スプリンターズステークスの枠順確定
posted by FUKUHIRO at 01:44| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(9) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

「ホリエモン」、ブービーデビュー

プロ野球新球団申請中の堀江貴文ライブドア社長の
愛馬「ホリエモン」が昨日18日、中山5レースで
デビューし、11頭立ての10着だった。

ホリエモン 注目のデビュー戦は10着

実はライブドアのホームページでホリエモンの
ファンクラブを結成。私も会員になりました。
ファンクラブの詳細はこちらへ。
     ↓
競走馬「ホリエモン」応援ファンクラブ
posted by FUKUHIRO at 23:24| 千葉 | Comment(3) | TrackBack(14) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

ハルウララ、事前通告無しの連れ去り

keiba11

keiba12

地方競馬・高知競馬場所属のハルウララ
調教師・競馬場側との対立によりオーナーが栃木県の牧場に
連れ去られたことがわかった。

調教師・競馬場側は「1レースでも多くファンに顔見せを。」、オーナー側は「来年3月の引退レースに向けて休養を。」という
対立ができてしまった。

しかも、オーナー側は調教師・競馬場側に事前連絡をせず
突然やってきて休養を決めたという。

随分おかしな話である。確かに馬も生き物だから休養も
当然だろう。しかし、このオーナーは連絡無しに突然
やってきて連れ去るというう行為は、人として問題あり
だと思う。皆さんはどうお考えでしょうか?

ハルウララ突然消えた…馬主が連れ去る
posted by FUKUHIRO at 18:49| 千葉 | Comment(3) | TrackBack(7) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

「ヨンサマ」最下位デビュー

keiba10

「ヨンサマ」と言っても、韓国の俳優ペ・ヨンジュンではない。
競走馬である。

13日の大井1レースでデビューしたヨンサマだったが、
結果は9頭中最下位の9着。少々、太めだったようだ。

次は頑張ってもらいたい。

大井競馬のヨンサマ、最下位デビュー

大井の「ヨンサマ」最下位、デビュー戦飾れず

2004年9月13日 (月) 大井 第1競走 ダート 1000m
posted by FUKUHIRO at 16:50| 千葉 ☀| Comment(9) | TrackBack(5) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。